陸王みんなの感想は?マンネリ化?おもしろい?つまらない?評価は?

      2018/04/08

ドラマ「陸王」の放送があっていますね。
放送開始日前から、すごく力をいれて宣伝をしていた日曜劇場「陸王」。

 

果たして放送を見たあとの、みんなの感想はどうなのでしょう。
評価を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

陸王のみんなの感想は?

ドラマ「陸王」の放送を見て、みんなの感想はどうだったのでしょう。
少し私の感想を交えてご紹介します。

 

日曜劇場で、池井戸潤さんの作品が放送されるのはこれが初めてではありません。
これまでにも放送されたことがあり、さらに高視聴率を叩き出した人気ドラマとなりました。

 

  • 下町ロケット
  • 半沢直樹
  • ルーズヴェルト・ゲーム

 

こういう人気ドラマへとなったため、ドラマ「陸王」への期待が高まります。
今回は陸上競技を中心とし、ランニング足袋シューズの会社が舞台です。
これには陸上関係者もすごく喜ばしいことではないでしょうか。

陸王のモデルは、きねや足袋シューズ!ランニング足袋は実在した!

 

スポーツが放送されることはあっても、なかなか陸上競技を中心にしたドラマが放送されることはありませんよね。
足袋の会社が舞台ですが、作っているのは陸上選手、マラソンランナーのためのランニング足袋です。
だからこそ陸上競技界にも光が差し込んだと思っている人も多いと思います。

 

総監督として青山学院大学の原晋監督もスタッフに入っています。
陸上競技が注目されるきっかけになるドラマになるだろうと、「陸王」にかける想いが大きいのもこれが理由です。

陸王でも原晋は監督!青山学院大学陸上競技部を引き連れドラマ参戦!

 

さて、みんなの感想をご紹介する前に私の感想をご紹介していこうと思います。
私の感想は、おもしろいです。
構成がかなりしっかりしていたと感じます。

 

構成の1番の見どころは竹内涼真さんも言っていたトレーニングでしょう。
見ている人が見れば偽物だとわかってしまうランナーだからこそ、しっかり体を作って走り方を整えることが必要ということです。

 

たしかにピアノや楽器演奏の場合、吹き替えという方法が取られますよね。
指先や音だけは別の人が演奏をしているというもの。
本人の顔が映らないシーンは、吹き替えだからなのです。

 

しかし「陸王」のランナーはそれができません。
本人が走るしかないのです。
だからこそ、リアリティを感じるのかもしれませんね。

 

原晋監督が指導しているだけあり、しっかりとしたランナーが作り出されています。
竹内涼真さんの他に、ランナー役は経験者も名を連ねています。
和田正人さんなんて、まさに箱根駅伝を走ったランナーです。

陸王の和田正人は箱根駅伝出場経験有の実力者!平瀬孝夫の熱い思い!

 

リアリティがあるからこそ、ドラマが楽しめているのです。
これこそ私が「陸王」を面白いと感じた理由です。
それではみんなの感想を見ていきましょう。

 

おもしろい

さて、私と同じように「陸王」に対して面白いと感じている人も多いようです。
みんなの感想がおもしろいとなっているものをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

つまらない

では「陸王」をつまらないと感じている人はいるでしょうか。
みんなの感想を見てみましょう。

 

 

 

マンネリ化

さて、マンネリ化を「陸王」に感じている人もいるようです。
みんなの感想を見ていきます。

 

 

 

 

 

まとめ

ドラマ「陸王」の放送を見て、みんなの感想はどんなものなのでしょう。
私の感想はおもしろいというものでした。

 

他のみんなの意見もまとめてみました。
高視聴率ドラマとなるでしょうか。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年