コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

刑事ゆがみに飯豊まりえ!飯杉真澄役って名前がすで言いすぎw!

   

ドラマ「刑事ゆがみ」に飯豊まりえさんが出演することになりました。
出演は2017年11月2日放送分の第4話です。

 

実はこの4話のキーマンが飯豊まりえさん演じる飯杉真澄
物語は飯杉真澄(飯豊まりえ)の発言によって進んでいきますよ。

 

スポンサーリンク

 

刑事ゆがみに飯豊まりえが出演

ドラマ「刑事ゆがみ」に飯豊まりえさんが出演します。
飯豊まりえさんが演じるのは飯杉真澄役。

 

役名から言いすぎ
そう、飯杉真澄(飯豊まりえ)の発言でドラマが進んでいくのです。

 

飯豊まりえ

飯豊まりえさんは千葉県出身の女優さんです。
ファッションモデルとしても活躍していてエイベックス・マネジメントに所属しています。

 

  • 「嫌われる勇気」間雁道子役
  • 「あなたのことはそれほど」(第1話)エリカ役
  • 「マジで航海してます。」坂本真鈴役
  • 「刑事ゆがみ」(第4話)飯杉真澄役
  • 「石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」矢倉かすみ役

 

最近よくテレビでも見かける飯豊まりえさん。
デビューは2008年でしたが、どんどん躍進が続いています。

 

今回のドラマ「刑事ゆがみ」もゲストが豪華ということで話題ですよね。
そんな作品にゲスト出演なのです。

 

飯杉真澄役/飯豊まりえ

飯杉真澄は言いすぎと名前にもついているように歩くゴシップガール
4話でかなり重要な役どころになります。

 

4話では他のゲストも出演します。
堤祥子(高梨臨)、そして高遠玲奈(池端レイナ)と同じ高遠建設の社員である飯杉真澄(飯豊まりえ)。

 

4話の被害者である大山昇(姜暢雄)と堤祥子(高梨臨)は一晩だけ関係を持っていました。
それからと言うもの、ストーカー被害にあっていた堤祥子(高梨臨)。

 

その悩みを堤祥子(高梨臨)が唯一相談していたのが飯杉真澄(飯豊まりえ)でした。
部下に当たる飯杉真澄(飯豊まりえ)の話は誰も知らない堤祥子(高梨臨)の秘密が多くありました。

 

どんな展開が待っているのでしょう。
飯豊まりえさんのコメントです。

 

藤野プロデューサーから“歩くゴシップガール”を演じてくれと言われたので、良くいる噂好きの人のような雰囲気を醸しだしつつ演じました。

浅野さんと神木さんが演じられる刑事のお二人が正義ではなく、ハチャメチャな二人組という刑事ドラマが斬新で新しくて面白いと思いました。
また、役名が独特でダジャレのようになっていて、私の演じる役も飯杉真澄というその名前の通りの役柄で、こういった役をいただけてうれしかったです。

飯杉真澄の発言がキーとなって物語が進んでいくので、一つのターニングポイントとして見ていただけたらうれしいです。
また、昨年の夏に『好きな人がいること』でご一緒したスタッフの皆さんとまたお仕事できた事もとてもうれしかったです。

出典:公式HP

 

スポンサーリンク

 

第4話のあらすじ

2017年11月2日放送分の第4話のあらすじです。
飯豊まりえさんが出演されるのも4話となります。

 

うきよ署強行犯係の弓神(浅野忠信)、羽生(神木隆之介)らは、完成間近のデザイナーズビルで起きた男性の転落死について調べ始める。
死亡したのはこのビルの設計も手がけた建築士の大山昇(姜暢雄)。
現場にいた警備員(前野朋哉)によれば、外階段で人が争う声が聞こえたため確認に行くと、そこに高遠建設の社員・堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)がいたという。
階段下にはすでに大山が倒れていたらしい。

祥子と玲奈は同期。
玲奈は、高遠建設の社長令嬢で、大山の婚約者でもあった。
菅能(稲森いずみ)たちが祥子と玲奈からそれぞれ事情を聞くと、ふたりの話は警備員の証言とも一致していた。
玲奈と大山がこっそりビルの完成祝いをしようしたところに、話があるといって祥子が現れたという。
祥子は、大山が玲奈と付き合う前に、一晩だけ関係を持ったが、それ以来大山のストーカー行為に苦しんでいた。
祥子は、相談しても信じなかった玲奈に、ホテルでの写真を見せてストーカー行為を止めさせようとしたらしい。
その際、大山は、玲奈に上階で待つよう頼み、祥子とふたりだけで話そうとしたという。
だが、争う声が聞こえたために玲奈が下に降りてみると、外階段の踊り場で大山が祥子を押さえつけており、祥子が大山を振り払った際にバランスを崩して転落したらしい。

正当防衛だと主張する祥子に現段階では判断できないと弓神が答えると、祥子は、そもそも以前大山のストーカーに悩み警察に相談したのに、その時の交番の警官にまともに取り合ってもらえなかったと怒り出す。
実はそのとき応対をしたのは、交番勤務時代の羽生で…。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「刑事ゆがみ」第4話に飯豊まりえさんが出演します。
演じるのは飯杉真澄。

 

名前から言いすぎと入っているほど、歩くゴシップガール。
4話のキーマンと言える存在です。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, 刑事ゆがみ