トットちゃんのナレーション評価!ナレーター大下容子アナへの意見!

   

帯ドラマ「トットちゃん」のナレーションが話題ですね。
あのナレーションの声に落ち着くこともあります。

 

さらに辛い描写はナレーションだけで行うなど、視聴者への配慮も伺えます。
今日は「トットちゃん」のナレーターである大下容子アナについてもまとめていきます。
みなさんの評価はどんなものなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

トットちゃんのナレーション

黒柳徹子さんの怒涛の人生が放送されている帯ドラマ「トットちゃん」。
生きた時代が戦争の時代でもあり、辛い描写も描かれますね。
医療も十分には発達していないので、人が亡くなってしまう事も描かれています。

 

そんな中、ナレーションを使う演出がすごく話題です。
さらに好評なのは、ナレーターを務めている大下容子アナ。
今日は評価についても見ていこうと思います。

 

大下容子アナ

大下容子アナはテレビ朝日のアナウンサーです。
広島県出身で慶應義塾大法学部学法律学科を卒業されています。

 

安定したアナウンス力がすごく好評な大下容子アナ。
また、どんなニュースでも対立な立場を取り、感情的にならないアナウンサーという事もあり、人柄もとても好かれているのです。
自ら家事の被害者となったときでも、淡々とニュースを読まれたこともあるんですよ。

 

  • 「ワイド!スクランブル」メインキャスター
  • 「ザ・タイムショック」MC
  • 「トットちゃん!」ナレーション

 

2017年9月に放送が終わってしまった「SmaSTATION!!」ではサブ司会を務められていましたよね。
小宮悦子アナの後任として、香取慎吾さんのパートナー、サブ司会の担当になったのです。

 

ワイド!スクランブル」をご覧になっている方からすると、おなじみの声が「トットちゃん」でも聞かれていますよね。
すごく落ち着いたナレーションをされていると思います。
ナレーターとしての役割を上手く果たし、演出としても上手く機能していると言っていいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ナレーションについての評価

さて、「トットちゃん」のナレーションについての評価はどうなっているでしょうか。
「陸王」や「わろてんか」などのドラマでもナレーターの起用がありますよね。

 

ドラマにとって、なくてはならない存在になりつつあります。
「トットちゃん」」のナレーションを担当する大下容子アナへの評価をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

やはり大下容子アナに対して、すごく評価が高いですよね。
人気アナウンサー、いつもの声という感覚も影響しているのだと思います。

 

辛い現実を伝えるのはやはりナレーションが務めるのは良い演出だと思います。
お昼時間に放送されるからなおさらですね。
ナレ死までも出てきてしまってはいますが、それがナレーターの役割であると言ってもいいでそう。

 

大下容子アナへの評価が高いこともあり、今後も期待できそうですね。
別の作品でも見てみたいと思います。

 

まとめ

帯ドラマ「トットちゃん」のナレーションがすごく落ち着いていて良いと話題です。
ナレーションを務めているのは大下容子アナでした。
アナウンサーであるからこそ、ナレーターとしての仕事も上手く務めていらっしゃいますよね。

 

今日は大下容子アナのナレーションについての評価を見ていきました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, トットちゃん!