コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

オーファンブラック脚本家が青柳祐美子に決まった理由!現在どこに?

      2017/11/24

ドラマ「オーファン・ブラック七つの遺伝子~」の放送が決定しました。
海外で人気ドラマシリーズのオーファンブラックの日本リメイク版ですね。

 

リメイクと言っても必要なのが脚本家の存在。
今日は「オーファン・ブラック七つの遺伝子~」の脚本を担当する青柳祐美子さんについてまとめてみました。

 

過去には脚本家としての活動はしていらっしゃらなかったのですが、現在は脚本家。
一体どんな活動をされていたのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

オーファンブラックの脚本家は青柳祐美子

ドラマ「オーファン・ブラック七つの遺伝子~」の放送が決まり、期待が高まっている人も多いと思います。
というのも、海外で人気ドラマとして放送されているからです。

 

なんとアメリカやイギリスではシーズン5まで放送したほどの人気海外ドラマ。
今回リメイクするにあたって、大事になるのは脚本家ですよね。

 

リメイクだけでなくシリーズ化した作品も脚本家が大切なのは皆さんご存知のはずです。
「コードブルー」では脚本家が変わってしまったことで、印象もストーリー展開も、さらに視聴者からの評価も変わりましたよね。
それだけドラマにとって脚本家は大事で重要な存在であるのです。

 

だからこそ、「オーファン・ブラック七つの遺伝子~」の脚本家は重要。
これが海外で人気なの?という印象にならないようにしてほしいものです。

 

さて、「オーファン・ブラック七つの遺伝子~」を担当する脚本家は青柳祐美子さん。
神奈川県生まれの脚本家で、サーブプロモーションに所属しています。

 

上智大学比較文化学部を卒業していらっしゃいます。
在学中は国際会議の通訳や映画の字幕翻訳の製作に携わっていました。
現在のように脚本家として在学中から活動されていたわけではなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

青柳祐美子さんが脚本家デビューしたのは1995年。
最後の家族旅行」でした。

 

また朝ドラことNHK連続テレビ小説「こころ」の脚本も担当しています。
これは史上最年少での担当となり当時話題になりました。

 

2005年以後は渡米。
2007年にはYouTubeにて世界最高ヒット数を誇った米国発ネットドラマ「lonelygirl15」のショーランナーに就任。
さらに続編の「Scary City」の制作をしました。

 

これを見ていくと、「オーファン・ブラック七つの遺伝子~」の脚本をなぜ青柳祐美子さんが担当するのかがわかるような気がします。
現在も海外にいらっしゃるのでしょうか。
海外経験があるからこそ、海外ドラマの良さや面白さが分かるのでしょう。

 

これは青柳祐美子さん脚本の「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」に期待が出来そうです。
ドラマの展開が楽しみになってきました。
これも上手くいけば続編が作られ、シリーズ化されるかもしれませんね。

 

まとめ

ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」の脚本家、青柳祐美子さんについて調べてみました。
調べていくと、なぜ青柳祐美子さんが決定したのかがわかりましたね。

 

海外経験があるからこそ、海外作品の翻訳を担当していたからこその起用となったようです。
これは期待が高まるばかりですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年12月期, オーファン・ブラック七つの遺伝子~