コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

コーポラティブハウスとは?隣の家族は青く見えるでも登場し大人気!

      2017/11/24

ドラマ「隣の家族は青く見える」の放送で舞台となるのはコーポラティブハウス。
このコーポラティブハウスとは、なかなか聞きなれない単語ではないでしょうか?

 

実はコーポラティブハウスは現在人気となっているのです。
一体なんなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

コーポラティブハウスとは

ドラマ「隣の家族は青く見える」の舞台はコーポラティブハウスで繰り広げられます。
このドラマによってコーポラティブハウスの存在を知った人もいるのではないでしょうか。

 

このコーポラティブハウスとは、入居希望者が集まって組合を結成し、組合が事業主となり建設行為のすべてを行う集合住宅のことを言います。
土地取得や設計者、設計業者の手配まで、すべて入居希望者の集まりでできた組合が行うのです。

 

  • コーポラティブ住宅
  • コープ住宅

 

ちなみに、コーポラティブハウスは和製英語。
Building co-operativesと呼ばれています。

 

少し難しいですよね。
コーポラティブハウスとは、簡単にいうと様々な家族たちが自分たちの意見を出し合いながら集合住宅を作り上げるのです。
値段は一戸建てより安く済みます。

 

さらにデザインにこだわりを追求できるのでマンションより人気なのです。
近年注目されている住宅の1つなのです。

 

しかしデメリット部分も多くあります。
それは住人同士が嫌でも密接な関係を築かなければならないということです。

 

現代では近所付き合いというものが、消えつつあります。
近所付き合いが面倒だと感じている人が増えているから、こういう現状になりました。
しかしコーポラティブハウスに住むとなると、近所付き合いが発生します。

 

コーポラティブハウスの共同空間を共にする家族がいるということです。
その中でもプライバシーは保たなければなりません。
しかし、家族構成やそれぞれが抱える問題など浮き彫りに。

 

コーポラティブハウスにはいい面も悪い面もあるのです。
それでも注目を集めるというコーポラティブハウス。
意外と人気なのです。

 

スポンサーリンク

 

さらにグッドデザイン賞を受賞するようなコーポラティブハウスも出てくるなど、注目を集める材料は揃っています。
それに加えてドラマ「隣の家族は青く見える」の舞台ともなるのです。

 

プライバシー問題などいろいろとまだまだ解決すべき問題があります。
住人としても、妥協している点もあるでしょう。
それでも住む人がいるということは、人気のある証拠。

 

もしかしたら心のどこかで人と人とのつながりを大事にしたいという気持ちもあるのかもしれませんね。
気になる方はぜひコーポラティブハウスについて、もっともっと調べてみて欲しいと思います。

 

あなたが納得して住みたいと思うコーポラティブハウスとはどんなものでしょう。
ドラマ「隣の家族は青く見える」を見ながら、ゆっくり考えるのもいいですね。

 

まとめ

ドラマ「隣の家族は青く見える」の舞台はコーポラティブハウスで繰り広げられます。
マンションとコーポラティブハウスとは、どんな差や違いがあるのでしょう。

 

実際に見てみると、なかなか奥が深いコーポラティブハウス。
今後まだまだ注目が集まりそうな住宅ですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 隣の家族は青く見える