コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

奥様は、取り扱い注意、予想!予測は綾瀬はるかと西島秀俊対決も有?

      2017/11/28

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の予測はみなさんどうですか?
正直、ドラマがスタートした時はこんな展開が待っているとは思ってもいませんでしたよね。

 

仲睦まじい夫婦の様子が描かれ、伊佐山菜美(綾瀬はるか)は過去から解放された…。
そんな結末を予測していた人も多いと思います。

 

でも私たちの考えをいい形で裏切ってくれるようですね。
結末の予測、予想をしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

奥様は、取り扱い注意の予測、予想

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の予測、予想が話題です。
結末が気になる人も多いでしょう。
そして、伊佐山菜美(綾瀬はるか)の夫の正体が本当に気になるところです。

 

そもそも伊佐山菜美(綾瀬はるか)の過去が特殊工作員というところから、おかしかったんですよね。
一切過去とは切り離して、現在の普通の幸せそうな主婦、夫婦の様子が描かれると思っていたので、まさかの展開に驚いています。

奥様は、取り扱い注意、伊佐山菜美(綾瀬はるか)の意外な過去とは?

 

夫婦対決がある?

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の結末の予測、予想ですが、もしかしたら夫婦対決があるのかもしれません。
ということは、伊佐山菜美(綾瀬はるか)の過去や正体を知っいて、夫の伊佐山勇輝(西島秀俊)は近づいてきたのかもしれません。

 

そして結婚。
しかしこの結婚は幸せなものではなかったのかもしれませんね。

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)にとってラスボス的存在が、まさかの伊佐山勇輝(西島秀俊)なのかもしれないのです。
夫婦として生活してきましたが、敵同士で生活を共にしていた可能性、出てきましたよ。

 

横溝健(玉山鉄二)との関係は?

さて、気になるのは急に登場した横溝健(玉山鉄二)の存在です。
怪しい男として登場しましたが、番組開始当初は横溝健(玉山鉄二)の名前は一切ありませんでした。

奥様は、取り扱い注意の玉山鉄二、悪役!最凶の敵の暗号は解けたか?

 

途中からの参戦で、かなり重要な役どころのように描かれていますよね。
ということは、まさか横溝健(玉山鉄二)と伊佐山勇輝(西島秀俊)がグルという可能性もあるでしょう。

 

ということは、横溝健(玉山鉄二)の狙いも伊佐山菜美(綾瀬はるか)。
伊佐山菜美(綾瀬はるか)が心配になるそうですが、特殊工作員の過去があるからこそ、なんとなく大丈夫では?と思ってしまう私もいるのが事実です。笑

 

西島秀俊の起用に納得

さて、こういう予想をしてみたのですが、西島秀俊さんを起用したのには納得がいきます。
西島秀俊さんと言えば、どうしてもアクションや陰のある役をしているイメージがありませんか?
特にこちらの作品ですかね。

 

  • 「MOZU」倉木尚武役
  • 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」田丸三郎役

 

また、今回脚本を担当されている金城一紀さんとのタッグであると、余計に西島秀俊さんはアクションをするイメージがどうしてもあります。
だからこそ、今回のドラマ「奥様は、取り扱い注意」では新しい西島秀俊さんの一面が見られると思っていました。

奥様は、取り扱い注意の脚本は金城一紀!主人公が〇〇なのは初作品!

 

西島秀俊さんと金城一紀さんのタッグで新しい作風が完成すると思っていました。
私以外でも、そう思っていた人は多いのではないでしょうか?

 

それがどうでしょう。
雲行きはおかしくなったというか、通常の西島秀俊さんの方向へ。
結末を予測、予想していると、西島秀俊さんが起用された理由がなんとなくわかるようになってきました。

 

伊佐山勇輝役は、西島秀俊さんでなければ成立しないのです。
そんな結末を迎えそうですよね。

 

スポンサーリンク

 

視聴者の予測、予想

さて、ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の結末、夫である伊佐山勇輝(西島秀俊)の正体の予測、予想をしてきました。
ここからは、色々な声をご紹介しようと思います。

 

予測、予想通りだった人。
全く逆に裏切られた人、色々だと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の予測、予想をしてみました。
結末は夫婦対決でしょうか。
そして夫の正体は、ラスボスで決定かもしれませんね。

 

いい意味で、予測や予想を裏切ってくれたドラマに私は感謝します。
本当に面白い作品になりましたね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, 奥様は、取り扱い注意