コウノドリ21トリソミー陽性とは?ダウン症の原因はほとんどコレ?

   

ドラマ「コウノドリ」第10話となる最終回。
また視聴者の心を動かし、考えられそうなテーマとなりそうです。

 

最終回では2組の夫婦が出生前診断を受け、21トリソミー陽性という結果になりました。
この21トリソミー陽性とは、一体何を意味しているのでしょうか。

 

なんとダウン症の原因になるといわれているものが、この検査でわかるというのです。
今日はじっくりまとめていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

コウノドリ21トリソミー陽性とは

ドラマ「コウノドリ」最終回で2組の夫婦が登場します。
その2組の夫婦は出生前診断を受けていて、21トリソミー陽性の結果が出ています。

出生前診断とは?メリットデメリットは?コウノドリ最終回での選択!

 

これはダウン症候群といわれる、いわゆるダウン症が発症する先天性疾患群。
これが出産をする前にわかるという事なのです。

 

21トリソミー陽性とは

21トリソミー。
みなさんはこういう言葉を聞いたことはあるでしょうか。
もしかしたら、なかなか出産が身近にない人にとっては聞きなれない言葉かもしれません。

 

21トリソミーとは、先天性の染色体異常の1つです。
通常の染色体は2本が1対になっています。
これは学校の授業で習っていることでしょう。

 

21本目の遺伝子。
これだけが3本もある状態があります。
これを21トリソミーと呼ぶのです。

 

21トリソミー陽性とは、いわゆるダウン症を意味するのです。
必ずダウン症というわけではありません。
しかしダウン症の原因のほとんどが21トリソミーと言われています。

 

ダウン症

21トリソミー陽性とは、ダウン症の確率が高いということ。
ではダウン症とは、どんなものなのでしょう。

 

  • 身体的発達の遅延
  • 特長的な顔つき
  • 軽度の知的障害

 

新生児に最も多い遺伝子疾患と言われているダウン症。
また、ヒトにおいても最も一般的な遺伝子疾患として知られています。
1000人に1人、毎年現れるといわれているのです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の原因は卵子の分裂異常がほとんどの原因とされています。
では、卵子の分裂異常はどうやって引き起こされるのでしょう。

 

一言でいうのならば加齢
ダウン症発生の確率を少しでも下げたいのならば若いうちの妊娠が最も効果的と言われる場合もあります。

 

また、葉酸の摂取がリスク低減とも言われています。
妊婦さんは葉酸を摂取するようにと、聞いたことがあると思います。
ダウン症のリスクを軽減する可能性があるからという理由なんですよ。

コウノドリ+Happyしあわせのたね母子手帳はダウン症の家族用?

 

コウノドリで21トリソミー陽性とは誰?

さて、ドラマ「コウノドリ」で2組の夫婦が21トリソミー陽性という結果でした。
その2組の夫婦は高山夫妻と辻夫妻です。

 

  • 高山透子(初音映莉子)
  • 高山光弘(石田卓也)

 

  • 辻明代(りょう)
  • 辻信英(近藤公園)

 

それぞれの夫婦は、それぞれ選択をします。
決断も夫婦それぞれということです。

 

まとめ

ドラマ「コウノドリ」第10話、いわゆる最終回は出生前診断がテーマで放送されます。
2組の夫婦が、21トリソミー陽性という結果が出てきます。

21トリソミー陽性とは、いわゆるダウン症を意味するもの。
それぞれの夫婦の判断はどうなるのでしょう。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, コウノドリ