コウノドリ+Happyしあわせのたね母子手帳はダウン症の家族用?

   

ドラマ「コウノドリ」で1つ特殊な母子手帳が出てきます。
それは+Happyしあわせのたね

 

ダウン症のある子のためのぼしてちょの役割を果たすものです。
どうやったら+Happyしあわせのたねという母子手帳を手にすることができるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

コウノドリに+Happyしあわせのたねが登場

ドラマ「コウノドリ」は出産という奇跡をテーマに話が展開されていきますよね。
ついに最終回。
第10話で取り上げられるのは出生前診断です。

出生前診断とは?メリットデメリットは?コウノドリ最終回での選択!

 

出生前診断により、21トリソミー陽性となった2組の夫婦。
これは胎児がダウン症であることを意味していました。
この2組の夫婦はそれぞれの選択をしていくのです。

コウノドリ21トリソミー陽性とは?ダウン症の原因はほとんどコレ?

 

また、そこに1人の女性も出てきます。
それは木村弓枝(奥山佳恵)。
息子がダウン症なのです。

 

木村弓枝(奥山佳恵)の息子、木村壮真(山田楽士)はダウン症。
2児の母として、子育てをしています。

 

ダウン症の木村壮真(山田楽士)の主治医は今橋貴之(大森南朋)でした。
今もなお長年、今橋貴之(大森南朋)の元へ通っています。

 

さて、ダウン症のある子を育てるために、とある母子手帳が存在します。
その名は+Happyしあわせのたね。

 

+Happyしあわせのたねはダウン症のあるお子さんのための母子手帳の役割を果たします。
21+Happyというインターネットコミュニティを中心に300人近いご家族の声を集めて作られた母子手帳なのです。

 

サイズはB6判で一般的な母子手帳と一緒に持ち運べます。
気になるのは内容ですよね。

 

  • 最初に知っておいてほしい情報
  • 先輩ママパパ兄弟からのメッセージ
  • 漫画

 

これらが前半に収録されています。
まずはダウン症の基本知識を知ることで親としての不安な部分を軽減することができるでしょう。

 

また、先輩ママパパ兄弟からのメッセージがあることで1人ではないという安心感も生まれるかもしれません。
少しでもダウン症の家族のためを思って作られた母子手帳なのです。

 

  • 成長の様子
  • 成育歴

 

これらは+Happyしあわせのたねの後半に書き込めるようになっています。
それぞれの子の個性は様々。
そのため、その子に合わせて記入できるようになっているのです。

 

スポンサーリンク

 

この+Happyしあわせのたねは日本ダウン症協会(JDS)が発行しているもの。
送料100円を負担すると、+Happyしあわせのたねの母子手帳自体は無料となっています。

 

多くの方に手にしてほしいため、1人1冊という規制があります。
また5000部がなくなり次第終了となりますので、ダウン症のある子を育てるご家族の方で興味がある方はぜひ調べてみて下さいね。

 

多くの方の想い、願いがたっぷり詰まった母子手帳、+Happyしあわせのたね。
「コウノドリ」でも取り上げられるということで、注目が集まりそうですね。

 

まとめ

ドラマ「コウノドリ」第10話にあたる最終回で、ダウン症がテーマとして放送されます。
その中に登場する母子手帳が+Happyしあわせのたね。

 

ダウン症のある子を育てる全てのご家族に手にしてもらいたいという思いから作られた手帳です。
今日はどういう内容になっているのかご紹介しました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年