アンナチュラル主題歌の歌詞の意味!米津玄師Lemonが感動的!

      2018/02/27

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌が決定しました。
石原さとみさんと、逃げ恥の脚本家、野木亜紀子さんがタッグを組む作品。
だからこそ注目が集まっています。

 

さて、主題歌を担当する米津玄師さんも注目を集める1人のアーティスト。
Lemonという曲は、ドラマ「アンナチュラル」のために書き下ろされた曲ということで、こちらも話題になりそうです。

 

また注目すべきは歌詞。
この歌詞意味が本当に感動的で涙を誘っています。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラルの主題歌は米津玄師

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌が決まりました。
意外な発表の仕方でしたよね。

 

というのもドラマ「アンナチュラル」の主題歌を務める米津玄師さんのツアー中にご自身の口から発表があったのです。
その日というのが2017年12月14日。
米津玄師2017 TOUR/Fogbroud」パシフィコ横浜公演での出来事でした。

 

これにはファンはすごく驚きました。
しかし驚くと同時に、喜びと期待の声が多く飛び交ったのです。

 

米津玄師

というのも米津玄師さんはすごく人気のあるアーティスト。
かなり注目されていますよね。
実際に作る曲が本当に良いんです。

 

 

最近の曲は少しテイストが変わったような気もしますが、それでもなお人気のあるアーティストなのです。
そもそも米津玄師さんとはどんな方かをご紹介していきましょう。

 

 

米津玄師さんは徳島県出身のアーティストです。
ミュージシャンとして活躍されています。
第57回日本レコード大賞では優秀アルバム賞を受賞されたこともあったのです。

 

2008年からはハチという名義でニコニコ動画へオリジナル楽曲の投稿をしていました。
しかしその後すべて削除。
聞き返すと納得いかないことが多く、恥ずかしくなってきたという理由からです。

 

しかしニコニコ動画へオリジナル楽曲の投稿を再び開始。
ミリオン再生を超えるヒット曲なども多く誕生しました。

 

メジャーデビューしたのは2013年。
このサンタマリアという曲が1stシングルとなりました。

 

 

さて、米津玄師さんのメロディは結構独特な部分が多いですよね。
やはり王道と言われているコード進行ではないという所が、米津玄師さんの特長であると言っていいでしょう。

 

また、独特と言われるのはメロディラインだけではありません。
歌詞にも米津玄師さんの世界が大きく広がっているのです。

 

  • RADWIMPS
  • BUMP OF CHICKEN
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION

 

そんな米津玄師さんが影響を受けたアーティストです。
それぞれが独特な音楽観を持っている人達ですが、そんな人たちに影響を受けていた米津玄師さん。
だからこそ今の米津玄師さんの音楽があると考えても良いでしょう。

 

そして様々な楽曲を聞いていると、歌詞の意味が深いことにも気づかされます。
米津玄師さんの人間性、人物像があふれている歌詞が多くなっているのです。

 

アンナチュラル主題歌のLemon

さて、話をドラマ「アンナチュラル」に戻しましょう。
米津玄師さんがドラマの主題歌を手掛けるのは今回が初めて。

 

 

主題歌となるLemonという曲はドラマ「アンナチュラル」のために書き下ろされた曲なのです。
ドラマのタイトルにもなっているアンナチュラル。
不自然死の謎に挑むミステリードラマの主題歌なので、米津玄師さんの良さが存分にLemonに現れるのではないでしょうか。

 

米津玄師さん自身も、新しい曲調になるとおっしゃっています。
期待が高まりますね。

 

 

歌詞の意味が感動的

さて、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌がここまで注目されている理由は何だと思いますか?
それは歌詞

 

歌詞の意味を考えたとき、どこか胸に突き刺さるように感じませんか?
意味を考えなくとも、意味が分かった時も同じです。

 

その突き刺さる歌詞が私達を感動へと導いているのです。
感動する人が多いのも、歌詞の意味が関係していました。

 

また、主題歌が流れてくるタイミングというのが素晴らしいですよね。
そして流れてくるタイミングで胸を掴まれるような歌詞に涙を流しそうになるほどなのです。

 

まずは歌い出しの歌詞に注目してみましょう。
意味を考えると深くないですか?

 

夢ならばどれほどよかったでしょう

出典:ドラマ「アンナチュラル」主題歌Lemon歌詞より

 

これはドラマ「アンナチュラル」が向き合う死に対しての歌詞の意味であるように感じられます。
さらにこの2人の人物を意味しているように感じます。

 

  • 三澄ミコト(石原さとみ)
  • 中堂系(井浦新)

 

この2人は過去に大切な人物を亡くしています。
そういうことを含めて考えると、この主要登場人物である2人の心境を歌った歌詞の意味にも感じられますね。

 

そんな歌詞を主題歌の冒頭に持ってくるということは、2人の過去についてもドラマ「アンナチュラル」で描かれることが分かります。
主題歌が書き下ろし曲であるLemonであるからこそ、できる作曲作詞法です。

 

戻らない幸せがあることを最後にあなたが教えてくれた

出典:ドラマ「アンナチュラル」主題歌Lemon歌詞より

 

この歌詞も三澄ミコト(石原さとみ)と中堂系(井浦新)の心境を教えてくれているような歌詞ですね。
ドラマ「アンナチュラル」は死因究明をするUDIラボが中心となってストーリー展開がされています。

 

そう。
誰かの大切な人物が亡くなっているという意味なのです。

 

そんな誰かが教えてくれたのが戻らない幸せ。
戻れないではなく、戻らないという歌詞にしているところがポイントであるように感じます。

 

戻れないというと、戻れるけれどそれを望まないようなニュアンスになりますよね。
少しの歌詞の差で意味が微妙に違ってくるのです。
それをあえて戻らないという歌詞にしているところが、誰にも運命を変えられない死というものを連想させているようです。

 

あの日の悲しみさえ
あの日の苦しみさえ

出典:ドラマ「アンナチュラル」主題歌Lemon歌詞より

 

あの日とは大切な人と別れた日を意味するような歌詞ですね。
それでもそのあとに、そのすべてを愛してたと続くことから、「アンナチュラル」が愛に包まれているドラマでもあることが分かります。

 

さて、1番の注目ポイントはこの歌詞でしょう。
ここにドラマ「アンナチュラル」の全てが現れていました。

 

今でもあなたはわたしの光

出典:ドラマ「アンナチュラル」主題歌Lemon歌詞より

 

わたしの光。
それは生きるための希望という意味でもありますよね。

 

もう触ることもできない会う事もできないあなた。
それでも自分の光であり生きる希望へと繋がっているのです。

 

実はこの歌詞の意味。
ある放送回にとてもマッチしていました。

 

スポンサーリンク

 

主題歌の歌詞の意味の象徴は第4話

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌、Lemonの歌詞を聞いて心で感じてみると、本当に悲しみの中にある愛の温かさを感じることができます。
意味を理解した瞬間に視聴者も涙が止まらなくなるほどなのです。

 

実は主題歌のLemonの歌詞を意味するようなドラマ放送回がありました。
それが第4話

 

 

特に、先ほどご紹介した歌詞が象徴的に表れているのです。

 

今でもあなたはわたしの光

出典:ドラマ「アンナチュラル」主題歌Lemon歌詞より

 

この歌詞ですね。
第4話の放送は佐野家を中心に繰り広げられました
家族のために朝早くから夜遅くまで働いていた父親がバイク事故で亡くなります。

 

死因次第で責任の所在が変わるという放送回。
ここでは家族愛が多く描かれていました。

 

そしてドラマ「アンナチュラル」4話の終盤、主題歌であるLemonが流れました。
映し出されたのは未来の夢という佐野家の長男が書いた作文でした。

 

お父さんみたいになりたくない

 

そんな風にかいていました。
大好きなケーキに大好きな父親を殺されたのです。

 

この作文にも涙をしたわけですが、やはりLemonの歌詞に涙でしたよね。
登場人物に歌詞を置き換えて意味が分かった瞬間に、胸が苦しくなりました。

 

  • あなた=父
  • わたし=長男

 

亡くなった今でも長男の祐の光は父親だったのです。
大好きな父親でした。

 

父親の死因を探るため、父親の同僚たちと事件の手がかりを探し祐。
多くの父親に関する話を聞いたことで、楽しかったと心が変わります。

 

歌詞と映像がマッチしていたことで、多くの人が感動。
涙を誘い、歌詞が良い、そして歌詞の意味が深いと言われることになったのです。

 

主題歌で号泣する人が続出

ドラマ「アンナチュラル」自体が感動的なストーリー展開を見せているのですが、主題歌の歌詞に号泣する人が続出しているのです。
感動的な歌詞だからこその反応ですね。

 

歌詞の意味を考えるだけで、本当に胸が熱くなります。
みなさんの反応をご紹介します。

 

 

 

 

 

主題歌MV公開

さて、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌、Lemonのミュージックビデオがついに公開されました。
米津玄師さんが歌うLemonをぜひ聞いて楽しまれてくださいね。

 

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌が決定しました。
米津玄師さんのことは、みなさんご存知でしたか?

 

米津玄師さんというと話題のアーティスト。
今後も確実に音楽界に影響を与える人物になることでしょう。

 

ドラマ「アンナチュラル」への書き下ろし曲、Lemonが本当に良いですよね。
独特な音楽観、そして歌詞に胸にグッときている人も多いようです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル