99.9パラリーガルとは意味解説!資格や学歴は必要?仕事内容は?

   

2018年1月期からドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」が放送されますね。
シーズン2となり、ファン待望の続編の放送となります。

 

そんなドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」そこで出てくる単語、パラリーガルのことを皆さんはご存知ですか?
弁護士のドラマですから、業界用語なのでしょうか。
今日はパラリーガルの意味、そして仕事内容など詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

99.9のパラリーガルの意味は?

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」は弁護士の仕事が中心となって展開されますね。
シーズン1を見ていた方は、パラリーガルという単語を多く聞いてきたことでしょう。
しかしなかなか馴染みのない単語ですね。

 

さらに、パラリーガルという単語は聞いたことがあっても意味を理解している人は少ないかもしれません。
仕事内容なども気になるところです。

 

ちなみにパラリーガルというと、2017年に内親王眞子様と婚約を発表された小室圭さんもお仕事はパラリーガルでしたね。
そういう意味も含めると、パラリーガルは今こそ、注目が集まる職業なのかもしれません。

 

パラリーガル役

さて、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」でパラリーガル役を演じている人をまずご紹介します。
シーズン1と2では、このパラリーガル役も変化がありました。

 

  • 明石達也(片桐仁)
  • 藤野宏樹(マギー)
  • 中塚美麗(馬場園梓)

 

戸川奈津子(渡辺真起子)の退社に伴い、斑目法律事務所に新しくやってきたのが中塚美麗(馬場園梓)です。
シーズン2からの新しいメンバーになりました。

 

このメンバーがドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」のパラリーガル。
今日はこのパラリーガルたちにスポットを当てていきます。

 

スポンサーリンク

 

パラリーガルの意味

パラリーガルの意味は一言でいうと法律事務職員です。
弁護士の監督の下で、弁護士の業務を補助する仕事を行っています。

 

日本では法律事務のアシスタントという役割。
弁護士ではないので、職務は限定されています。

 

しかし弁護士や司法書士になるために資格取得を目指している人も少なくありません。
パラリーガルとして働きながら頑張っている人達もいるんですね。

 

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」で見てみると明石達也(片桐仁)がそういう人間。
20年以上勉強し続けているのですが弁護士になれず、伝説の男となっています。

 

もちろん現在も弁護士になる夢は諦めていません。
司法試験に向けて猛勉強を続けているのです。

 

さて、パラリーガルとして働くために必要な資格などはあるのでしょうか。
実は特別な資格や学歴は必要ないのです。
言ってしまえば、未経験でもパラリーガルになることは可能です。

 

法律知識があるイメージが強いですよね。
法律事務ということとなれば、専門性の高い仕事だと思われがちだと思います。

 

それでもパラリーガルには資格が必要ないということですから、誰にだってパラリーガルになれるチャンスはあります。
法律事務所などで働くことで、経験を積むことがパラリーガルへの近道かもしれませんね。

 

さて、このようにパラリーガルの意味を理解した上でドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」を見ると、すごく良いと思います。
ドラマのストーリー展開も理解しやすいです。
そしなぜパラリーガルたちが一生懸命資料集めなどをしているのかも意味が分かりますよ。

 

まとめ

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」でパラリーガルという単語が良く出てきます。
また、ドラマの展開の中でもパラリーガルの活躍が目立ちますよね。

 

パラリーガルという単語を聞いたことがあっても意味までは分からない人も多いと思います。
仕事内容や資格などが必要なのかを今日はまとめてみました。

 

これであなたもドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」がより一段と楽しくなりますよ。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ