99.9あらすじは?0.1%まで諦めない弁護士たちのストーリー!

   

ファン待望の続編、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」が放送されることになりましたね。
シーズン1もあった作品で、みなさん楽しみにしていることでしょう。

 

しかしシーズン1を見ていないからといって、ストーリーについていけないということではないのです。
基本的に1話完結型のストーリーですので問題ありません。

 

さらに今日は、あらすじをご紹介します。
一段とドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」を見たくなると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

99.9-刑事専門弁護士のあらすじ

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」のあらすじを今日はご紹介していきます。
シーズン1を見ていない人は、どんなドラマになるのか気になるところですよね。
このあらすじを読めば、きっとドラマを見たくなると思います。

 

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の主人公は深山大翔。
嵐の松本潤さんが演じています。

 

深山大翔(松本潤)の職業は弁護士。
ただの弁護士ではなく、超型破りな弁護士なのです。

 

「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の中心的人物は弁護士たちですが、刑事専門弁護士たちです。
それも超個性的。
そんな弁護士達が刑事事件に挑んでいきます。

 

そもそもタイトルとなっている99.9という数字は一体何かご存知ですか?
この99.9という数字は99.9%を表しています。

 

日本の刑事事件において、裁判有罪率が99.9%
起訴され、裁判で有罪になる確率の数字なのです。

 

あまりにも99.9という数字は高い数字ですよね。
これは世界一の有罪率となり、日本の司法制度が高い信頼性を持ち合わせているということになります。

 

では、0.1%は何なのでしょう。
この0.1%に落とし穴が隠されていたりするものなのです。

 

99.9%という数字が証明している通り、起訴されてしまうと検察の考えたストーリーが正しいと思われがちです。
それに加え、刑事事件専門の弁護士の数も極端に少ないもの。
丁寧に弁護士たちが検証することは、困難と言っても良いでしょう。

 

しかしドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」に出てくる弁護士たちは違います。
99.9%有罪が確定している事件でも、0.1%が確定しない限り諦めないのです。

 

そう、99.9%では本当の真実ではありません。
最後の0.1%まで諦めることなく真実を追い求めていく弁護士たちが描かれているのがドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」なのです。

 

スポンサーリンク

 

さて、ここまでが「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の全体的なあらすじとして、登場人物を軽くご紹介します。
主人公の深山大翔(松本潤)はなんと親父ギャグまで笑顔で言ってしまうような弁護士。
0.1%という事実を納得するまでとことん追求する弁護士なのです。

 

深山大翔(松本潤)とチームを組むのは佐田篤弘(香川照之)。
ぶつかることもありますが、依頼された事件に隠された真実を暴いていきます。

 

さて、今回のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の見どころの1つをご紹介します。
それはシーズン1で事実が明らかにならなかった謎が解き明かされそうなのです。

 

深山大翔(松本潤)が刑事専門弁護士を志望するきっかけ、そして26年前の事件。
これらが明らかになるかもしれないということで、「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」もマンネリ化はせずに新たなウキウキ感も残ってくることでしょう。

 

完全に逆転不可能と言われる事件でも、残りの0.1%の可能性にこだわって真実を追求していく物語。
型破りな弁護士たちの物語、「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」が始まります。

 

まとめ

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」のあらすじをご紹介しました。
基本的に1話完結型のドラマなので、身構えることなく視聴してほしいと思います。

 

なかなか触れることのない弁護士の世界。
ドラマでじっくり見ていきたいと思います。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ