ファイナルカット脚本家金子ありさ担当!作品が○○だから面白い!

      2018/01/12

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の脚本金子ありささんが担当しています。
金子ありささんの過去作品についても今日は見ていこうと思います。

 

作品の多くが〇〇のために、すごく面白いとされています。
これって一体どういうものなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ファイナルカットは金子ありさが脚本を担当

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の放送が始まりました。
面白いという感想が多かったですよね。

 

今回脚本家として、脚本を担当しているのは金子ありささん。
過去にもヒット作がありました。

 

なぜ「FINALCUT(ファイナルカット)」が面白いといわれている理由が金子ありささんの過去からわかりました。
そう、金子ありささんは映画監督を志して学んでいました。
だからこそ、作品のスケールが大きいのです。

 

東京都出身の金子ありささんは、日本大学芸術学部映画学科監督コースを卒業されています。
志していたのは映画作り。
大学に在学していることから脚本作りを学ばれていたのです。

 

  • 「ナースのお仕事」
  • 「がんばっていきまっしょい」
  • 「花燃ゆ」
  • 「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」
  • 「FINALCUT(ファイナルカット)」
  • 「絆~走れ奇跡の子馬~」

 

スポンサーリンク

 

脚本の職人になろうと決意された脚本家の金子ありささん。
それが作品に出ていますよね。

 

 

 

 

映画を思わせるほどのスケールでのドラマ作品。
だからこそ面白いと感じさせてくれるのでしょう。

 

まとめ

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の脚本は金子ありささんが担当されています。
脚本家の金子ありささんの作品が面白いとと感じる理由には金子ありささんが学ばれていた映画が関係していました。

 

まるで映画かと思うほどのスケールの大きな作品に今後の作品も期待できそうです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, FINALCUT(ファイナルカット)