ファイナルカット音楽は菅野祐悟!サントラが良いといわれる理由は?

   

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の音楽がすごくいいですね。
緊迫感を表しているシーンも音楽がすごくマッチしていたりします。

 

さて、その音楽を担当しているのは菅野祐悟さん。
菅野祐悟さんのサントラが良いって言われる理由は、何なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ファイナルカットの音楽は菅野祐悟

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」を盛り上げる存在の1つが音楽です。
ドラマのサントラ、いわゆる音楽はドラマにとって重要となるのです。

 

さてそんな「FINALCUT(ファイナルカット)」の音楽を支えるのは菅野祐悟さん。
一体どんな音楽家なのでしょうか。

 

菅野祐悟さんは埼玉県出身の方。
ワンミュージックに所属しています。

 

  • 作曲家
  • 音楽プロデューサー

 

ドラマの劇伴や、テーマ音楽を手掛けられています。
その1つの作品にドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」があります。

 

大学在学中に印象主義音楽に魅了されます。
これは20世紀初頭のフランスに興ったクラシック音楽の流派の1つです。

 

  • 気分
  • 雰囲気

 

そんな表現に比重を置いた音楽形式です。
これって、どこかドラマでの音楽に似ていると思いませんか?

 

ドラマのサントラでは、主人公の気持ちなどを音で表現していますよね。
また、その時の情景や雰囲気も音で伝わってきます。

 

今回のドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」は復讐劇。
主人公の気持ちは、様々に揺れ動きます。

 

スポンサーリンク

 

復讐のシーンはもちろん緊迫した音楽となっていますよね。
しかし今回の復讐劇は恋愛模様も出てきます。

 

復讐とは対照的に愛も音楽で表現されていますよね。
優しく愛らしいサントラにもなっているわけです。

 

菅野祐悟さんのサントラが良いといわれる理由は印象主義音楽だからではないでしょうか。
過去作品にはこんなものがあります。

 

  • 「MOZU」
  • 「銭の戦争」
  • 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」
  • 「東京タラレバ娘」
  • 「ウチの夫は仕事ができない」
  • 「刑事ゆがみ」
  • 「FINALCUT(ファイナルカット)」

 

 

 

さて、菅野祐悟さんはここ数年音楽活動だけではなく画家活動としての活動もされるようになりました。
音楽活動も画家活動もある意味似ている部分があります。

 

 

芸術という分野とすれば同じですよね。
表現が絵になるのか、音になるのかの違い。

 

今後も音楽に絵画に引っ張りだこになるのではないでしょうか。
今後の菅野祐悟さんのサントラにも注目したいと思います。

 

まとめ

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の音楽にスポットを当ててみました。
「FINALCUT(ファイナルカット)」は菅野祐悟さんがサントラを担当していたのです。

 

菅野祐悟さんの音楽が、なぜここまで良いとされるのか調べてみました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, FINALCUT(ファイナルカット)