ファイナルカット視聴率爆死の理由とは?厳しい声の裏に飯島氏の影?

      2018/03/14

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の放送が始まり、視聴率がなかなかいい数字ではありません。
爆死と言われていたりもするのです。

 

なぜ視聴率爆死とまでなったのか、その理由をご紹介します。
そこには厳しい声もありましたが、ある人物の存在もあるのでした。

 

スポンサーリンク

 

ファイナルカットの視聴率が爆死の理由

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の視聴率がストーリーごとに発表されています。
その数字を見ると1ケタ。
決して良い視聴率とは言えませんよね。

 

では、その理由とは何なのでしょう。
出演者も豪華ですし、火曜21時枠とは、話題になる作品が多いはずですよね。

 

色々な人物が関係しているのかもしれません。
今日は視聴率爆死の理由についてまとめます。

 

視聴率

さて、ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の視聴率をご覧ください。
毎週ご紹介していきますね。

 

第1話(2018.1.9) 7.2%
第2話(2018.1.16) 6.5%
第3話(2018.1.23) 6.5%
第4話(2018.1.30) 6.5%
第5話(2018.2.6) 6.7%
第6話(2018.2.13) 6.8%
第7話(2018.2.27) 6.9%
第8話(2018.3.6) 7.1%
第9話(2018.3.13)【最終話】 7.5%

ビデオリサーチ社調べ(関東地区)

 

最終回で、自己最高の視聴率を叩き出したドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」。
平均視聴率は6.9%となり、放送終了となりました。

 

視聴率が悪いとなっていましたが、最終回に向けて話が盛り上がるとともに、視聴率の数字も上がっていきましたよね。

 

最終回では山崎育三郎さんの登場もありました。
あれも8話や9話あたりで登場させていれば、もう少し数字も伸びたような気がしますが…。

 

相当な話題提供をしてくれた人物だと思います。
そして視聴率が上がっていった理由の1つでしょう。

 

主演変更

さて、ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」ですが、主演は亀梨和也さんですよね。
しかしこれ、草なぎ剛さんが務める可能性が高かったとも言われています。

ファイナルカット草なぎ剛主演のはずだった?降板?オトナの事情?

 

というのも〇の戦争シリーズと「FINALCUT(ファイナルカット)」は似ているのです。
そのため、三部作目となる予定だったとも言われています。

 

  • 銭の戦争
  • 嘘の戦争

 

どちらも火曜21時枠で放送されていて、復讐劇が描かれています。
このどちらの作品も主演は草なぎ剛さんですよね。

 

ではこの2つの視聴率はどうだったのでしょう。
調べてみると、1ケタに落ちた放送回がありませんでした。

 

銭の戦争では全話の平均視聴率が13.4%。
嘘の戦争では全話の平均視聴率が11.3%でした。

 

どちらも平均視聴率は2ケタ。
1ケタに落ちた放送回もなく、人気ドラマとして幕を閉じました。

 

もしも主演が草なぎ剛さんで、〇の戦争というタイトルで放送されたとします。
同じ内容だったとしても、今のように視聴率が低迷しているかどうかは不明ですよね。

 

主演の亀梨和也さんが悪いというよりも、変更に伴ってドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の印象が薄いということです。

 

三部作てきなもので「FINALCUT(ファイナルカット)」が放送されていれば、確実に〇の戦争シリーズのファンは視聴をするはず。
少し宣伝の方法が悪かったのかもしれません。

 

飯島三智

さて、ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」ですが、1人の人物が視聴率にも関わっているのかもしれません。
それが飯島三智さん。

 

飯島三智さんのお名前を聞いてパッとわかる方は少ないかもしれません。
しかし、SMAPのマネージャーをしていた方というとどうでしょう。
あの飯島さんかぁという印象がありませんか?

 

実は飯島三智さん。
凄い功績を収めていました。

 

火曜21時枠、関西テレビが制作しているドラマ枠ですよね。
この枠でジャニーズが主演を務めることも多くあります。

 

これ、飯島三智さんの功績だったのです。
飯島三智さんが取ってきていたお仕事だったんですね。

 

そんな中、すでに飯島三智さんはCULENの代表を務めています。
飯島三智さんがいなくても、ジャニーズ主演ドラマ枠だけはジャニーズに残してきていたのでした。

 

もしこの枠がCULENに来ていたらドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の視聴率は爆死に至らなかったでしょう。
さらに〇の戦争というタイトルにもなったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

視聴者の反応

さて、ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」に対して視聴者の反応はどうなっているのでしょう。
見ていきます。

 

 

 

 

 

まとめ

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の視聴率が爆死で話題です。
今日はその爆死となった理由を考えてみました。

 

厳しい声もあるのはもちろんですが、ある人物も関係していたのです。
爆死から這い上がって、最終回では自己最高の視聴率をマーク。

 

爆死していたとは思えない平均視聴率の数字となりました。
ある意味で有終の美を飾ったといっても良いでしょう。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, FINALCUT(ファイナルカット)