わろてんかキャスト隼也しゅんや成田凌!てん藤吉の息子!モデルは?

   

連続テレビ小説「わろてんか」に新キャスト登場です。
その名もしゅんや
北村隼也です。

 

この北村隼也(しゅんや)はてんと藤吉との1人息子。
成田凌さんがキャストに選ばれました。

 

さて、このしゅんやですが、モデルになった人物はいるのでしょか。
調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

わろてんか新キャストの隼也(しゅんや)は誰?

連続テレビ小説「わろてんか」は半年という長いスパンで放送されています。
そのため、どんどん新しいキャストが登場するわけです。

 

今回ご紹介するのも新キャストの1人、隼也(しゅんや)。
てんと藤吉との間に生まれた1人息子です。

わろてんかキャスト子役息子は誰?かわいい男の子が気になる人続出!

 

そんな隼也(しゅんや)のキャストに選ばれたのは今、旬の俳優、成田凌さん。
どんな役柄となるのでしょうか。

 

成田凌

成田凌さんは埼玉県生まれの俳優さん。
モデルとして活躍もされています。

 

成田凌さんというと、美容師免許を持っていることで有名ですよね。
美容師になる夢があったそうですが、簡単に夢が叶う事でつまらないという思いが湧き出てきて美容師の道を諦めたんです。

 

そしてファッション雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルオーディションを受け、見事合格しました。
モデル活動を始めるわけですが元々は俳優志望。

 

モデルオーディションの際も、役者をしたいので手助けをしてほしいという風に伝えていたんです。
そこからイケメンという武器を片手に次々とドラマに出演。

 

  • 「逃げるは恥だが役に立つ」梅原ナツキ役
  • 「大貧乏」加瀬春木役
  • 「人は見た目が100パーセント」榊圭一役
  • 「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」灰谷俊平役
  • 「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(第1話)Special Thanks
  • 「わろてんか」北村隼也役

 

最近では「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」にも出演しましたよね。
新キャストとしてファンからは喜びの声が多くありました。

 

そしてこの度、連続テレビ小説「わろてんか」に北村隼也(しゅんや)のキャストとして選ばれたのです。
今回の出演で朝ドラ初出演となる成田凌さん。

 

今後ますます出演作品が増えるでしょうね。
北村隼也(しゅんや)のキャストの成田凌さんからのコメントです。

 

「わろてんか」ファンとして、この作品に携わることができ、うれしく思います。
後半からの出演で、視聴者の皆さまに馴染なじんでいただけるか不安もありますが、しっかり役と向き合い、愛される人間を演じ、日本の朝に笑いを届けたいと思います。

出典:公式HP

 

スポンサーリンク

 

北村隼也(しゅんや)役

北村隼也(しゅんや)は、てんと藤吉の間に生まれた1人息子です。
アメリカへ遊学していたのです。

わろてんかキャスト加納つばきは水上京香!隼也の恋人役で登場する!

 

その時、頼っていたのが祖母の啄子。
鈴木京香さんがキャストで務めている役ですね。

 

  • レビュー
  • ミュージカル

 

先進的なエンターテインメントを学んで日本に帰国します。
そして北村家の跡継ぎとして成長していくのです。

 

隼也(しゅんや)のモデルは誰?

さて、気になるのは隼也(しゅんや)のモデルになった人物ですよね。
隼也(しゅんや)のモデルは吉本穎右さんのようです。

 

吉本穎右さんは、吉本泰三さんと吉本せいさんとの間に次男として生まれました。
次男ではあるものの、長男はすでに夭折。

 

若くして亡くなっていたため、次男ですが跡取り息子として生まれたのです。
実は吉本穎右さんは改名していて、最初は吉本泰典という名前でした。

 

吉本穎右さんは笠置シヅ子さんと出会い一目惚れ。
笠置シヅ子さんはジャズシンガーでした。

 

結婚を誓い合った2人。
しかし吉本穎右さんの母親、吉本せいさんは反対していました。

 

そんな時、吉本穎右さんは結核を患っており、病状は悪化。
結婚することなく25歳という若さて他界されました。

 

吉本穎右さんと笠置シヅ子さんの間には子どもも生まれましたが養子に出されます。
そのため、吉本家の家系図は吉本穎右さんで断絶となりました。

 

まとめ

連続テレビ小説「わろてんか」に新キャストです。
てんと藤吉の間に生まれた北村隼也(しゅんや)。

 

キャストに選ばれたのは成田凌さん。
朝ドラ初出演になります。

 

今日は北村隼也(しゅんや)のモデルになった人物についてもまとめてみました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年