わろてんか感想!つまらなすぎると厳しい声も!理由は脚本家なの?

   

連続テレビ小説「わろてんか」の感想をまとめていきます。
朝ドラファンとしては、おもしろい作品が見たいものです。

 

しかしなんとつまらなすぎる、という意見もあるのです。
この作品はこのまま最終回にむけて突き進んで大丈夫なのかも不安。
理由は脚本家にあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

わろてんか感想まとめ

連続テレビ小説「わろてんか」の感想をまとめてみました。
おもしろいと楽しんでいる人ももちろんいます。

 

しかし、中には厳しい意見もあるのです。
それが、つまらなすぎるというもの。

 

なぜこういう意見になっているのかもご紹介しようと思います。
脚本家が原因なのでしょうか。

 

おもしろいという感想

連続テレビ小説「わろてんか」は視聴率もそこまで悪くありませんよね。
だからこそ、おもしろいと感じている人も多いのです。

 

 

 

 

 

 

つまらなすぎるとの感想

さて、問題はここからです。
連続テレビ小説「わろてんか」をつまらないと感じている人もいるのが現状。

 

つまらないというものだけでなく、つまらなすぎるという意見もあるのですから世間は厳しいですね。
その意見をご紹介します。

 

 

 

 

 

笑いがテーマで放送されている連続テレビ小説「わろてんか」なのにも関わらず、つまらなすぎるという感想は残念ですよね。
今後の展開でおもしろいという感想が増えればいいのですが…。

 

スポンサーリンク

 

つまらない原因は脚本家?

では、連続テレビ小説「わろてんか」がつまらない理由は何なのでしょう。
脚本家に原因があるとも言われていますよね。

 

今回連続テレビ小説「わろてんか」の脚本を担当しいているのは吉田智子さんです。
脚本家である吉田智子さんの作風をご存知ですか?

わろてんか脚本家は誰?吉田智子は朝ドラのテーマ、笑いの逆が得意?

 

  • 切なさ
  • お涙ちょうだい

 

こんな少し切ない作品が多い吉田智子さん。
しかし連続テレビ小説「わろてんか」のテーマは笑いですよね。

 

これは脚本家、吉田智子さんの作風とは全く逆の作品であることがわかります。
だからこそ、放送前から不安視することはありましたよね。

 

これでつまないという意見が出ているのかもしれません。
しかし、脚本家吉田智子さんの作品は恋愛作品の脚本も多くあります。

 

連続テレビ小説「わろてんか」のこれまでのストーリーを思い出してみて下さい。
てんと藤吉の恋愛をがっつり描いていますよね。

 

さらに今後は、てんと藤吉の間に生まれた息子も恋愛をします。
ということは、まだまだ恋愛要素も出てくるのです。

 

脚本家が原因でつまらないという意見もありますが、この脚本家吉田智子さんだから描ける作品でもあるのです。
連続テレビ小説「わろてんか」の今後も楽しみです。

 

まとめ

連続テレビ小説「わろてんか」の感想をまとめました。
おもしろいという意見ももちろんありますが、つまらなすぎるという厳しい意見もありました。

 

さらにつまらないという感想の理由が脚本家にあるのではないかとも言われていました。
そのため脚本家、吉田智子さんについてもご紹介しました。

 

少しでもおもしろいという感想が、増えることを願っています。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, わろてんか