明日の君がもっと好きあらすじは?どんな面倒くさいラブストーリー?

   

ドラマ「明日の君がもっと好き」の放送が開始されました。
どんなあらすじなのか、気になりませんか?

 

原作がない作品だからこそ、あらすじが気になるのは当たり前のこと。
今日は、詳しくまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

明日の君がもっと好きのあらすじ

ドラマ「明日の君がもっと好き」のあらすじをご紹介します。
これはラブストーリーなのです。

 

人生で一番面倒くさい恋はきっと、人生で一度だけの大切な恋になる――

出典:公式HP

 

そんな風に公式HPでは紹介されていますよね。
実は、このドラマ「明日の君がもっと好き」は恋愛に冷めた男女が登場するのです。

 

  • 松尾亮(市原隼人)
  • 里川茜(伊藤歩)
  • 城崎遥飛(白洲迅)
  • 丹野香(森川葵)

 

男女は運命の出会いを果たします。
そしてその運命に翻弄されるのです。

 

それは究極のラブストーリーに発展するんですよ。
これだけ聞いても、ドラマ「明日の君がもっと好き」にすごく興味が出てきませんか?

 

主人公は松尾亮(市原隼人)。
恋愛に冷めています。

 

いわゆる植物系男子。
現在は造園デザイナ―をしていますが、休みの日はバイクに乗って蝶々の写真を取りに行って趣味を楽しみます。

 

そんな松尾亮(市原隼人)が出会うのは里川茜(伊藤歩)。
秘書として働いていますが、関係を持つ男たちはダメ男ばかり。
妻子持ちの男たちも多く、恋愛に対して諦めている部分もあるのです。

 

そして里川茜(伊藤歩)に好意を抱いているのはタクシー運転手。

明日の君がもっと好きタクシー運転手怖い!顔芸は小松和重【画像有】

 

と、城崎遥飛(白洲迅)。
言い寄っている姿も多く映し出されていますよね。

 

城崎遥飛(白洲迅)は一見人懐っこいキャラ。
しかし裏の顔はすごく恐ろしいのです。
新社会人として、共実物産で働いています。

 

さて、主人公の松尾亮(市原隼人)はある女性との結婚話が出ています。
それが丹野香(森川葵) 。

 

しかし丹野香(森川葵) は性的アイデンティティに悩む女の子。
主要登場人物は、一癖では言い表せない、男女たちだったのです。

 

スポンサーリンク

 

そして忘れてはいけないのは黒田梓(志田未来)。
里川茜(伊藤歩)の妹ですが、4人の恋の行方をくらましていく存在となります。

 

通常恋愛ドラマでは、恋愛をする2人が出会い、上手くいきます。
途中邪魔者が入ってきて、それでも最終的には結ばれるというベタな流れですよね。

 

しかしこのドラマ「明日の君がもっと好き」ではそんな簡単な恋愛模様は描かれません。
常に想定外のことが起こり、恋の物語の行方はどうなるか誰にも分からないのです。

 

あらすじを読んだだけでも、わかったはず。
刺激は多く、色気たっぷりな作品になっているのです。

 

視聴者の予想通りにはいかないドラマ「明日の君がもっと好き」。
異色のラブストーリーとして放送されるのです。

 

  • 仕事
  • 家族

 

現代人の悩みは恋愛以外にも存在します。
それも含まれているドラマ「明日の君がもっと好き」。
話題になることが決まっているようなものです。

 

多くの要素が盛り込まれているので、多くの人に見てほしい作品に仕上がっています。
あらすじを読んだだけでも、心がワクワクしてきた人も多いはずです。

 

毎週土曜の夜に、何か波乱が起こります。
ドラマ「明日の君がもっと好き」、乞うご期待です。

 

まとめ

ドラマ「明日の君がもっと好き」のあらすじをご紹介しました。
原作のない作品なので、あらすじが気になるところですよね。

 

これを読めばあなたもきっと楽しめるはずです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 明日の君がもっと好き