ファナルカット裕木奈江がおばさんに劣化?いつの間に老けてたの?

   

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」に出演中の裕木奈江さん。
中村慶介(亀梨和也)の母親役を演じています。

 

裕木奈江さんの姿は見ても誰かわからなかったという意見がありました。
それほどおばさんになっていたという意見もあります。

 

いつの間にこんなに老けていたのでしょう。
そもそも実年齢なども気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

ファイナルカット出演の裕木奈江がおばさんに?

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」に出演中の裕木奈江さん。
民放連続ドラマに出演するのが23年ぶりということで、大きな話題となっています。

 

しかし、ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」放送後、いろんな意見が出ていました。
まず、母親役が誰が演じていたのかわからなかったという事です。

 

 

ドラマ終盤でエンドロールが流れますよね。
そこで裕木奈江さんが母親役を演じていた事を知った人も多いようです。

 

久しぶりに裕木奈江さんの姿をドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」で見たからこそ、わからなかった人が多かったのです。

 

ドラ男
23年ぶりだもん。
それも無理ないよ。

 

「FINALCUT(ファイナルカット)」を見た後、裕木奈江さんに対しておばさんだという感想もありました。
いつの間におばさんになっていたのだろうか、と疑問を抱いている人も多かったのです。

 

裕木奈江さんというと、現在はロサンゼルスへ移住されています。
そのため日本のドラマへ出演機会が減っていたのです。

 

今回のドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」は裕木奈江さんにとって民放連続ドラマは23年ぶりの出演と先ほどもご紹介しました。

 

23年という年月の大きさは、大きいという事です。
0歳だった赤ちゃんは成人を迎え立派な社会人に成長しています。

 

20歳だった新成人は23年後、43歳。
若い人では孫がいてもおかしくない年代ですよね。

 

スポンサーリンク

 

となると、23年ぶりに民放連続ドラマに出演した裕木奈江さんをみて、おばさんになったと感じる人がいるのも納得。

 

 

そもそも、おばさんになったというより、年を重ねられたという、ごく普通のことなのです。
1970年生まれの裕木奈江さんも現在は47歳。

 

 

23年前というと、24才ですよね。
全盛期、すごく若くて美しい時ぶりに裕木奈江さんの姿を見たとき、おばさんになったという印象を受けるのは当たり前のことだったのです。

 

まとめ

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」に裕木奈江さんが出演しています。
しかし裕木奈江さんを見て、誰なのかわからない人も多数。

 

そして、おばさんになったという意見もありました。
それだけ23年という年月が多いということだったんですね。

 

おばさんになったというよりは、23年キレイに普通に年を重ねられていただけだったんですよ。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, FINALCUT(ファイナルカット)