きみが心に棲みついた妹役はついひじ杏奈!声かわいいけど展開が鬱!

   

ドラマ「きみが心に棲みついた」では小川今日子(吉岡里帆)に妹がいました。
妹役を演じているのはついひじ杏奈さんです。

 

小川今日子(吉岡里帆)と妹の小川菜穂子(ついひじ杏奈)は電話をしていました。
声はかわいいと思いましたが、ストーリー展開がダークすぎる。

 

今日は妹役を演じるついひじ杏奈さんについて、まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた妹役はついひじ杏奈

ドラマ「きみが心に棲みついた」についひじ杏奈さんが出演しています。
ついひじ杏奈さんが演じているのはキョドコの妹役です。

 

小川今日子(吉岡里帆)はすでに家を出ていますが、妹と母親がいます。
母親は妹の小川菜穂子(ついひじ杏奈)はかわいがっているようですね。

きみが心に棲みついた母親役は中島ひろ子!最低な小川信子を熱演!

 

しかし小川今日子(吉岡里帆)については嫌っています。
あろうことか存在自体を全否定しているようかの発言もありました。

 

小川今日子(吉岡里帆)と妹の小川菜穂子(ついひじ杏奈)は電話をしていました。
声がすごくかわいいという印象を受けました。
しかしその電話の展開はダークなものだったのです。

 

イトコのサナちゃんが結婚するという内容でした。
式に参加するかしないかという話を姉妹はしていたのですが、奥から母親が口をはさみます。

 

今日子(吉岡里帆)には連絡しないでって言ったでしょう。

 

立派な方ばかりが出席する結婚式に小川今日子(吉岡里帆)なんて連れていったら親族の恥だと言われます。

 

よかれと思って妹の小川菜穂子(ついひじ杏奈)は連絡したのに、怒られる展開となりました。

 

 

というより、親族の恥とまで思われている小川今日子(吉岡里帆)。
かわいそうすぎます。

 

スポンサーリンク

 

そんな小川今日子(吉岡里帆)の妹役を演じているのは、ついひじ杏奈さんです。
ホリ・エージェンシーに所属している女優さんです。

 

 

2000年生まれで群馬県出身。
まだまだ若い女優さんですね。

 

  • クラリネット
  • ピアノ

 

特技は音楽関係のようです。
幼い頃から習っていたのでしょうね。

 

  • 「お母さん、娘をやめていいですか?」橋本杏役
  • 「仰げば尊し」
  • 「希望ヶ丘の人びと」中学生・圭子役
  • 「きみが心に棲みついた」小川菜穂子役

 

笑顔もすごく素敵なついひじ杏奈さん。
これからもますます活躍が見られそうです。

 

ドラマ「きみが心に棲みついた」では小川今日子(吉岡里帆)に電話をするくらいですから、姉妹の関係は良好なのでしょう。

 

しかし妹の小川菜穂子(ついひじ杏奈)が登場するとセットで最低な母親まで登場することが予想されます。
もっとついひじ杏奈さんの姿を見たいような、見たくないような…。

 

まとめ

ドラマ「きみが心に棲みついた」に小川今日子(吉岡里帆)の妹役が登場します。
妹の名前は小川菜穂子。

 

ついひじ杏奈さんが演じていました。
展開が嫌な方向に向かっていますが、妹役を演じているついひじ杏奈さん、すごくかわいいですよね。

 

これからも話題が集まりそうな女優さんです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, きみが心に棲みついた