隣の家族は青く見える男同士の恋愛!きっかけは何?世の中にもいる?

   

ドラマ「隣の家族は青く見える」では男同士のカップルもいました。
恋人同士なので、恋愛をしているんです。

 

男同士の恋人って、実際にいるのでしょうか。
また気になるのはきっかけです。

 

今日は少し男同士の恋愛に踏み込んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

隣の家族は青く見えるで男同士の恋愛

ドラマ「隣の家族は青く見える」で男同士の恋愛が登場します。
いわゆるゲイカップルです。

 

  • 広瀬渉(眞島秀和)
  • 青木翔(北村匠海)

 

この2人は隣人に男同士で恋愛をしていることを隠しています。
同棲していますが恋愛関係にあることは秘密。

 

広瀬渉(眞島秀和)のが青木翔(北村匠海)ということになっているのです。

 

恋愛発展へのきっかけ

2人の出会いのきっかけはお酒でした。
広瀬渉(眞島秀和)と青木翔(北村匠海)は同じ店で飲んでいました。

 

青木翔(北村匠海)はずいぶん酔っぱらっていましたよね。
元カレの結婚式の後だったようです。

 

そう、元カレの。
どんな女と結婚したのか見てやりたかったと言っていました。

 

そんな青木翔(北村匠海)はべろべろの酔っぱらい。
広瀬渉(眞島秀和)は送っていく途中でゲイであることを知られます。

 

それがきっかけで2人は男同士のキス。
そして恋愛に発展し、今では同棲する仲になったのです。

 

さて、これはドラマ「隣の家族は青く見える」の話。
現実に男性同士の恋愛って存在するのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

世の中にも男同士の恋愛はある?

男性同士の恋愛は実際に現実でも存在します。
もちろん男性同士の恋愛があるのですから女性同士もありますよ。

 

まずそもそも恋愛って異性間でしなければならないという規定はありません。
一般的に異性同士が恋愛をすることが多いというものですね。

 

  • 性同一性障害
  • ジェンダーレス

 

最近では、多く聞かれるようになりましたが、まだまだ認知の低いものです。
男同士、女同士で恋愛をしていても、なかなか周りの人に打ち明けられない人が多いのも、事実。

 

しかしドラマなどの作品では多く扱われるようになりましたね。

 

ゴールデンタイムでここまで露骨に取り上げられるのは初めてかもしれませんが、ドラマ「隣の家族は青く見える」は現代社会を表している作品だと感じています。

 

例えばドラマ「明日の君がもっと好き」では森川葵さんが、自分の恋愛に悩んでいる役を演じています。
女性が好きなのか、男性が好きなのか…。

 

自分のジェンダーに悩んでいます。
そう考えるとドラマ「3年B組金八先生」では上戸彩さんが、そういう役をしていましたね。

 

男同士の恋愛ってドラマだけでなく漫画アニメでも描かれてきました。
それがきっかけで、同性同士の恋愛をスタートさせる人も多いようですよ。

 

性に悩む人たちって、実際は思っている以上に多いのかもしれません。
恋愛は自由なのに、なぜか異性間での恋愛が当たり前のように感じられているのです。

 

こうしてドラマなどの作品で多くの人の目に触れることで、認知度があがることでしょう。
男同士の恋愛、女同士の恋愛。
自由な恋愛の世界は、もうすぐそこにあるのかもしれません。

 

そんなきっかけとなるドラマになるといいですね。
人の生き方は自由ですから。

 

まとめ

ドラマ「隣の家族は青く見える」で男同士の恋愛が登場します。
驚いた方も多いでしょう。

 

実際に現実的にも男同士の恋愛は存在するようです。
きっかけは様々ですが、恋愛は自由。

 

偏見などない自由な世界は、もうすぐ訪れるかもしれません。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 隣の家族は青く見える