ホリデイラブあらすじ!ドロドロ不倫ドラマ!金曜夜はハラハラする!

   

ドラマ「ホリデイラブ」のあらすじをご紹介します。
放送される枠は、金曜ナイトドラマ枠。
深夜枠です。

 

となると、期待されるのは、ドロドロドラマ。
まさにドラマ「ホリデイラブ」のことです。

 

スポンサーリンク

 

ホリデイラブのあらすじ

ドラマ「ホリデイラブ」のあらすじをご紹介します。
原作のある作品ですのでご存知の方もいるかもしれませんが、ドロドロドラマ「ホリデイラブ」のあらすじ、見ていきましょう。

 

主人公は高森杏寿(仲里依紗)。
夫の高森純平(塚本高史)と娘の七香(渋谷南那)と一緒に、幸せに暮らしていました。

 

ごく一般的に言う普通の幸せな家庭ですね。
もちろんこの幸せは続くと信じていた高森杏寿(仲里依紗)。

 

  • 平凡
  • 幸せ

 

そんな当たり前のような生活は、続くと信じていても現実は辛いものでした。
高森杏寿(仲里依紗)はどん底に突き落とされてしまいます。

 

夫の高森純平(塚本高史)は単身赴任で地方に行くことが悪夢の始まりでした。
週末だけは帰ってくるので、家族一緒に過ごせる時間がなくなったわけではありません。
それでも前とは比にならないほど少なくなってしまいました。

 

  • 胸騒ぎ
  • 感動

 

この2つが共存するドラマってありましたっけ?
ドラマ「ホリデイラブ」では、あるんです。

 

スポンサーリンク

 

ここまであらすじを読んでいると、通常の不倫ドラマのように感じますよね。
しかし、考えてみれば、主人公が不倫される側という新しい立場での作品なのです。

 

不倫=切ない純愛

 

こんな不倫ドラマの固定概念は捨てましょう。
純愛は、やっぱり夫婦にあるのです。

 

もちろん不倫が描かれるときはスリリングにサスペンス要素も入っています。
それでも、純愛を入れてくるところがこのドラマ「ホリデイラブ」のミソ。

 

危険な女の妨害はあまりにも夫に対しての執着心が強いための現れでした。
夫婦の絆は壊れます。

 

しかしそこを再構築してくドラマ「ホリデイラブ」。
共感度が高いのも、これが理由でしょう。

 

  • ハラハラ
  • ドキドキ

 

そんなドラマですが、やっぱりドロドロ。
世の中の女性はドロドロドラマが大好きですからね。

 

ドラマ「ホリデイラブ」に期待が高まるのも分かります。
楽しんで視聴してみて下さい。

 

次、不倫サレ妻になるのは、あなたかもしれません。

 

まとめ

ドラマ「ホリデイラブ」のあらすじをまとめました。
この作品は、いつもの不倫ドラマとは少し違った目線で描かれています。

 

だからこそ、不倫ドラマでも共感が得られる作品になっています。
夫婦再構築、無事にできると良いですね。

 

金曜の夜は、ハラハラしてドロドロドラマを視聴しましょう。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, ホリデイラブ