きみが心に棲みついた星名は過去に整形?〇〇のために顔を変えた!

   

ドラマ「きみが心に棲みついた」の登場人物で、ひときわ怖い存在が星名漣(向井理)。
過去に何かが隠されているようですよね。

 

星名漣(向井理)の過去を知っているのはバーテンダー牧村英二(山岸門人)ただ1人。
整形を思わせる発言が飛び出しました。

 

ここから先はネタバレを含みますので、ご注意くださいね。

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた星名は過去に整形?

ドラマ「きみが心に棲みついた」に登場する星名漣(向井理)。
なにか過去が怪しいのです。

 

また公式HPにはバーテンダーの牧村英二(山岸門人)が唯一過去を知るという意味深な表記がありました。

きみが心に棲みついたバーテンダーは山岸門人!牧村英二が怪しい!

 

実は、バーテンダーの牧村英二(山岸門人)は鼻を変えたいような発言をしていましたよね。
すると星名漣(向井理)から水をかけられていました。

 

となると、星名漣(向井理)は過去に整形をしたということになるのでしょうか。

 

星名は整形をしてた?

星名漣(向井理)は過去に整形をしていました。
小学生の頃の出来事です。

 

そもそも星名漣(向井理)は母親と母親の不倫相手との間にできた子供。
星名漣(向井理)の父親も、それを確信していました。

 

そのため、星名漣(向井理)は父親からDVを受けていたのです。
そのDVから必死に守ってくれたのが星名漣(向井理)の母親。
母親のことが大好きでした。

 

そんな母親から整形をするように言われる星名漣(向井理)。
母親から整形をお願いされるのって、どんな気持ちなんでしょう。

 

しかし大好きな母親からのお願い。
星名漣(向井理)は母親のために整形をしたのです。

 

整形をさせられた理由?

星名漣(向井理)は母親のために整形をしました。
では、なぜ母親が整形を進めてきたのでしょう。

 

それは星名漣(向井理)のにありました。

 

星名漣(向井理)は母親と不倫相手の間に生まれた子。
そう、不倫相手の顔によく似ていたのでした。

 

星名漣(向井理)が不倫相手に似ている顔のため、DVいわゆる暴力をふるっていたのです。

 

母親は星名漣(向井理)を守ってくれていましたが、実は母親は自分を守っていたのです。
その行動が、星名漣(向井理)に整形をさせるという行為となりました。

 

整形の手術台の上。
小学生の星名漣(向井理)はお母さん、お母さんと泣き叫んでいたんですよ。

 

スポンサーリンク

 

整形したほうがいいのは心

さて星名漣(向井理)というと、性格が歪んでいて人を支配し弄んでいます。
小川今日子(吉岡里帆)が、まさにそのターゲットですね。

 

小川今日子(吉岡里帆)もまた、母親関係で過去に嫌な思い出がある人物。
ある意味2人は似ていて、共依存状態になっているのでしょう。

 

そんな性格の星名漣(向井理)。
絶対に変えるべきは顔ではなく性格だったと思います。

 

整形して、こんなにもかっこよくなったのですから、現在のように人を支配できるのでしょう。
整形せずにブサイクのままであれば、支配できる立場にまで上り詰めなかったでしょうから星名漣(向井理)の整形は、心が歪みはじめるきっかけにもなったのです。

 

顔を変えるという整形。
大好きな母親のために行ったのに、結局母親は自分を守るために整形をさせていました。

 

それもあって、星名漣(向井理)は整形後、性格もおかしくなっていったのでしょう。
今変えるべきは、顔の整形ではなく性格、心の部分です。

 

まとめ

ドラマ「きみが心に棲みついた」に登場する星名漣(向井理)の過去を調べてみました。
どうやら過去に整形をしていたんですね。

 

整形をした理由は母親のためでした。
しかしその整形をしたために心は歪み、今の星名漣(向井理)が完成。

 

これからどんな展開が待っているのでしょうか。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, きみが心に棲みついた