ドラマ家族の旅路あらすじ!家族を殺された男と殺した男はどんな話?

   

ドラマ家族の旅路」のあらすじをご紹介します。
どんなドラマなのか知っている方が、面白いですし期待も高まります。

 

さらに、このドラマ「家族の旅路」は少し複雑です。
登場人物も多いので、少しあらすじを整理しながら視聴することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

家族の旅路のあらすじ

ドラマ「家族の旅路」のあらすじをご紹介します。
このドラマ「家族の旅路」は、ある事件が大きく関係してくるのです。

 

それは30年前。
阿佐ヶ谷で起きた一家三人殺害事件です。

 

被害者は大富家の人間。
当時幼かった浅利祐介(滝沢秀明)はただ1人生き残ったのでした。

 

  • 祖父

 

浅利祐介(滝沢秀明)は大切な存在を一気になくしてしまいます。

 

逮捕されたのは柳瀬光三(遠藤憲一)。
死刑囚として死刑執行を待つ日々です。

 

さて、時を経て浅利祐介(滝沢秀明)は弁護士になりました。
そしてある人物から再審請求の依頼がありました。

 

その相手は河村礼菜(谷村美月)。
そして再審請求の人物、それは死刑囚、柳瀬光三(遠藤憲一)だったのです。

 

自分の家族を手にかけたと言われている犯人、柳瀬光三(遠藤憲一)。
そんな人物の再審を担当するなど、誰が思っていたでしょうか。

 

柳瀬光三(遠藤憲一)の再審請求をされたことで、浅利祐介(滝沢秀明)は難問に向き合う事になります。
そして30年前の事件とも向き合う事になっていくのです。

 

30年前の事件。
調べていくと、次々と衝撃の事実が明らかになっていくのです。

 

その事実は、すべてが浅利祐介(滝沢秀明)に関係するものでした。

 

浅利祐介(滝沢秀明)は一体何者なのか。

 

そんな感情が浅利祐介(滝沢秀明)に芽生えます。

 

弁護士としての使命感もある浅利祐介(滝沢秀明)。
しかし、それと同時に1人の男性でもあります。

 

浅利祐介(滝沢秀明)は河村礼菜(谷村美月)と出会い、次第に惹かれ合うのです。
それでも相手が相手。

 

  • 迷い
  • 葛藤
  • 苦悩

 

浅利祐介(滝沢秀明)には多くの複雑な感情が生まれてくるのでした。

 

スポンサーリンク

 

そして再び考えることになるテーマがこれ。

 

  • 家族
  • 親子愛

 

浅利祐介(滝沢秀明)は多くの立場でありながら、最終的には答えを出さなければなりません。

 

事件と向き合って、浅利祐介(滝沢秀明)の出す答えは何なのでしょう。
その答えに向かってストーリー展開があるドラマ「家族の旅路」。

 

大まかなあらすじはこんな感じです。

 

1話ごとに、大きく浅利祐介(滝沢秀明)の気持ちは揺れ動きます。
そんな感情的な部分でもすごく見ごたえのある作品です。

 

さらに、登場人物の多さにも驚かされます。
かなり複雑に人間関係が絡み合っていますから、毎回あらすじチェックは必要になると思います。

 

まとめ

ドラマ「家族の旅路」のあらすじをご紹介しました。
1人の弁護士が、自分の大切な人物を失った事件に向き合うというストーリー。

 

複雑な感情が交じり合う作品となります。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 家族の旅路