西郷どん語りナレーション西田敏行!市原悦子の代役?降板の真相は?

      2018/02/13

大河ドラマ「西郷どん」では語りがありますね。
いわゆるナレーション

 

今回は西田敏行さんが務めています。
しかし、当初の予定では、語りを務めるのは市原悦子さんだったはず。

 

実は降板されていました。
そこで起用となった西田敏行さん。
一体ナレーションを務めるにあたって、何があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

西郷どん語りのナレーション

大河ドラマ「西郷どん」の語り。
今や欠かせない存在となったナレーションですよね。

 

ナレーションを務めている西田敏行さんの声に癒される日もあります。
情景がはっきりわかるからこそ、語りの存在は大きいですね。

 

さて、西田敏行さんが務めている大河ドラマ「西郷どん」の語りですが、実は代役だということをご存知だったでしょうか。

 

当初、語りは市原悦子さんが務める予定でした。
降板となり、代役が西田敏行となったのです。

 

西田敏行は代役

大河ドラマ「西郷どん」の放送を見ていると、語りがありますよね。
語りの部分はすごく大切だとしみじみ感じています。

 

ナレーションの声を聞けばみなさんお分かりですよね。
西田敏行さんが務めていました。

 

大河ドラマ「西郷どん」の主人公は西郷隆盛。
小吉→吉之助→隆盛
と名前が次々と変わっていくのですが、西田敏行さんは「翔ぶが如く」で西郷隆盛役を演じていらっしゃいました。

 

そんな縁もあり、今回語りの部分で西郷隆盛の生涯を見守る役目を務められる事になったのです。

 

演技にも定評のある西田敏行さん。
今回は語りなので、声だけの出演。
演技が見られないのは少し残念でもありますね。

 

さて西田敏行さんですが、ナレーションは市原悦子さんの代役となります。
コメントをご紹介します。

 

「翔ぶが如く」で西郷隆盛を演じさせていただいた私が、今度は、西郷の生涯を見守る「語り」のお役目を仰せつかりました。
先日は、同じくNHKの番組『ファミリーヒストリー』にて、私の先祖が、薩摩藩士だったことも分かり、鹿児島との不思議な縁に驚いております。
鈴木亮平さん演じる「西郷どん」を、しかと最後まで見守らせていただきます。

そして、市原悦子さんが、一日も早くお元気な姿を私どもにお見せいただけること、心より祈っております

出典:公式HP

 

市原悦子さんは語りを降板。
何事もなかったかのように語りを行っている西田敏行さんは、代役としての起用だったのでした。

 

スポンサーリンク

 

市原悦子は降板

さて、大河ドラマ「西郷どん」で当初語りを担当するはずだった市原悦子さん。
ナレーションを降板されていたのです。

 

そもそも市原悦子さんは、ここ数年体調が優れないようです。
降板された作品は大河ドラマ「西郷どん」の語りだけではありませんでした。

 

2012年にはS状結腸腫瘍手術のために映画「東京家族」を降板しています。
クランクイン前に降板し、代役は吉行和子さんが務めています。

 

その後は自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表されていた市原悦子さん。
そして今回の大河ドラマ「西郷どん」のナレーションで復帰するはずでした。

 

しかし体調はその後も優れることはなく、大河ドラマ「西郷どん」の語りを降板することになったのです。

 

語りというナレーションの部分は、声だけの出演。
演技がないだけに、少しは楽なはずですが、それでも降板という形を取られている市原悦子さんが心配ですよね。

 

現在も休業をされている市原悦子さんからのコメントをご紹介します。

 

このたびのこと、本当に申し訳ありません。

大河ドラマ「西郷どん」の語りをお引き受けすることとなり、たくさんの方々から、激励のお手紙やメッセージをいただいてまいりました。
心から感謝しております。
皆さんの声に支えられ、素敵な台本を傍に置き、リハビリを続けてまいりましたが、元気にNHKに通うには、もう少し時間がかかりそうです。
関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
元気になって再び皆様にステキな物語をお届けできる日を楽しみに、リハビリに励んでおります。
その日を皆様もお待ちになってくださいませ。

出典:公式HP

 

現在はリハビリ中のようですね。
ゆっくり休んでいただきたいと思います。

 

市原悦子さんの語り、ナレーションが大河ドラマ「西郷どん」で聞かれないのは残念ですが、1日も早い回復をお祈りしています。

 

まとめ

大河ドラマ「西郷どん」の語りに癒される日々ですが、西田敏行さんは実は代役としての起用でした。
当初、ナレーションを務めるはずだったのは市原悦子さん。

 

しかし体調が優れないために語りを降板という形になったのです。
「西郷どん」の主人公、西郷隆盛とは馴染みのある西田敏行さんの語りもすごく素敵ですね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 西郷どん