ファイナルカットでコーンフレーク!慶介が食べる謎と理由とは一体?

   

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」を見ていると、ある食べ物が多く登場しています。
みなさんお気づきですか?

 

そう。
中村慶介(亀梨和也)がコーンフレークをよく食べているのです。

 

このコーンフレークには何か意味があるのでしょうか。
こんなに中村慶介(亀梨和也)がコーンフレークばかり食べる理由をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ファイナルカットでコーンフレーク登場

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」にしばしばコーンフレークが登場します。
中村慶介(亀梨和也)が第1話から、しょっちゅう食べているコーンフレークです。

 

中村慶介(亀梨和也)がコーンフレークをなぜこんなに食べるのか気になりますよね。
今日はコーンフレークの謎に迫ります。

 

コーンフレーク登場の反応

さて、まずは視聴者の反応を見ていきましょう。
ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」でコーンフレークが多く映し出されることに対して、みなさんはどう思っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

中村慶介がコーンフレークを食べる理由

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」でしばしば登場するコーンフレーク。
中村慶介(亀梨和也)がしょっちゅう食べていますよね。

 

このコーンフレークは中村慶介(亀梨和也)の好物なのでしょうか。
その謎は5.5話と言われるチェインストーリーで発覚しました。

 

 

そもそも中村慶介(亀梨和也)はメディアの誤った報道によって母親を亡くしています。
その復讐を現在行っていますよね。

 

中村慶介(亀梨和也)の母親は、犯人扱いされたことを苦痛に自ら命を絶ってしまいました。
大好きな母親との食事での会話はそれで終わってしまったのです。

 

母親を亡くして以来、中村慶介(亀梨和也)は温かいものが喉を通らなくなってしまったのです。

 

スポンサーリンク

 

温かいものを食べると、人間は落ち着いたりしますよね。
身体も心もポカポカになると感じている人も多いでしょう。

 

しかしコーンフレークはどうでしょう。
正直、コーンフレークでは心が落ち着いたり、満たされたりすることはないですよね。

 

もちろんコーンフレークが大好物であれば心も満たされることでしょう。
しかし温かいものを食べられなくなり、常にコーンフレークばかりを食べているとなると、意味が変わってきます。

 

  • 生きるため
  • カロリー摂取のため

 

これのためのコーンフレークになっているのです。

 

12年前の事件。
その事件から、色々な人の嘘から、そしてコーンフレークから中村慶介(亀梨和也)は解放される日が来るのでしょうか。

 

愛する人と再び温かいご飯を中村慶介(亀梨和也)が食べてくれるシーンがあると感動するかもしれません。
おそらく視聴者の方もそれを望んでいることでしょう。

 

ということで、中村慶介(亀梨和也)がコーンフレークばかり食べる理由。
それは、母親が亡くなった事件以来、温かいものが喉を通らないからという事でした。

 

ファイナルカットのコーンフレークは購入可能

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」で登場するコーンフレーク。
実は劇中コーンフレークをモチーフとしたチョコクランチが販売しているのです。

 

「FINALCUT(ファイナルカット)」チョコクランチ

 

1箱10個入っているというチョコクランチ。
パッケージがドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」に出てくるコーンフレークの箱ですね。

 

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の公式グッズであるにもかかわらずお値段もお手頃ということに驚きました。

 

まとめ

ドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」にコーンフレークが多く映し出されています。
そして中村慶介(亀梨和也)がしょっちゅう食べているのがコーンフレーク。

 

このコーンフレークにはどんな謎が隠されているのでしょう。
今日は中村慶介(亀梨和也)がコーンフレークを食べる理由もご紹介しました。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, FINALCUT(ファイナルカット)