アンナチュラル細川隆文役は三宅克幸!元お笑い芸人?外資銀行マン!

   

ドラマ「アンナチュラル」第6話のゲストで三宅克幸さんが出演します。
一体どんな方なのでしょう。

 

そして三宅克幸さんがドラマ「アンナチュラル」第6話で演じる役は細川隆文役です。
どんな役柄となるのかも気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル6話の細川隆文役は三宅克幸

ドラマ「アンナチュラル」第6話で細川隆文(三宅克幸)が登場します。
実は人に言えない大きな秘密があるという人物。

 

そんな役柄になるのでしょう。
連続殺人事件と大きく関わりを見せていくだろう人物となります。

 

三宅克幸

三宅克幸さんは岡山県出身の俳優さんです。
浅井企画に所属しています。

 

 

実は、お笑い芸人として活躍されていた時期もあったのです
現在は舞台を中心に活動されている方なのです。

 

  • 名無しのタツ
  • ミヤタツ

 

こんな芸名で活動されていた時期もありました。
三宅克幸さんは高身長であるため、ダイナミックで熱い演技が期待されています。

 

  • 「ウルトラゾーン」(第9話)高校生男子役
  • 「戦国BASARA – MOONLIGHT PARTY」
  • 「アンナチュラル」(第6話)細川隆文役

 

多くの人に笑いだけでなく、喜怒哀楽を共感してもらうために俳優に転身した三宅克幸さん。
まさにドラマ「アンナチュラル」は多くの感情が飛び交う作品ですよね。
三宅克幸さんの演技がどう生きてくるのか、楽しみです。

 

細川隆文役

ドラマ「アンナチュラル」第6話で三宅克幸さんが演じる役は細川隆文です。
細川隆文(三宅克幸)は外資系の銀行マン。

 

第6話で起きる連続殺人事件に深く関わっているのです。
事件に関わるのはASIDに通うメンバー。
高級スポーツジムで、UDIラボの東海林夕子(市川実日子)も通っているジムですね。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル6話のあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」第6話のあらすじです。
2018年2月16日放送分となります。

 

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ます。
隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた…!!
混乱した東海林は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出す。
ミコトが詳しい状況を聞こうとするも、東海林は店を出た後の記憶がまったくないという。
そんな中、ミコトは権田原の遺体を見てあることに気づく…。

一方UDIでは、中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が道端で突然死した男性の解剖を行っていた。
偶然にも、その男性と権田原の意外なつながりが判明。
警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、容疑者として疑われているのは東海林だった…。
中堂は『警察の任意同行に応じると殺人犯にされる』と東海林に逃げるよう促す。

ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」第6話のゲストの1人が三宅克幸さんです。
外資系の銀行マンである細川隆文役を演じます。

 

舞台中心で活躍されている三宅克幸さんの演技にも注目が集まりそうです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル