アンナチュラル5話ネタバレ!あの日何があった?果歩と第2の事件!

   

ドラマ「アンナチュラル」第5話の放送がありました。
みなさん涙なしでは見られなかったのではないでしょうか。

 

正直愛のカタチとして、美しい事件だったかというと、そうではないと思います。
美しくはないのですが切ない愛が生んだ事件も第5話では流れました。

 

今日は第5話のネタバレをしていきます。
ネタバレをしますので、第5話視聴前の方は、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル第5話のネタバレ

さて、ドラマ「アンナチュラル」第5話のネタバレをしていきます。
ネタバレを多く含みます。
それどころかネタバレのみです。

 

まだ第5話を視聴していない方はご注意ください。
また、先ほどご紹介した第5話のゲストのキャストも参考にされながら、読んでいただけたら嬉しいです。

 

第5話のあらすじ

それではまずはドラマ「アンナチュラル」第5話のあらすじをご紹介します。

 

坂本(飯尾和樹)が辞めたことで、人材不足となったUDI。
そのため、しばらくの間、中堂(井浦新)はミコト(石原さとみ)が率いる三澄班のサポートをすることに。

そんなある日、鈴木巧(泉澤祐希)という人物が、UDIに溺死した妻の解剖を依頼しにやって来る。
海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが、妻が自殺などするはずないという鈴木は、青森からはるばるUDIを訪ねてきたという。

早速、解剖に取り掛かるミコトたちだったが、葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。
なんと、鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだ遺体だったのだ。
つまり執刀医のミコトは、死体損壊罪という大罪を犯していたことに…。
遺体を盗んでまでUDIに解剖を依頼した鈴木の目的とは一体何なのか?

出典:公式HP

 

それではここから、ネタバレを含んで「アンナチュラル」5話をご説明していきます。

 

鈴木という名の遺体

ドラマ「アンナチュラル」の舞台となるのがUDIラボ。
UDIラボには2つのチームがありますね。

 

  • 三澄ミコト(石原さとみ)チーム
  • 中堂系(井浦新)チーム

 

記録係は2つのチームを兼任している久部六郎(窪田正孝)。
両チームからこき使われ、もう無理という心の叫びをあらわにします。

 

新しい記録員が見つかるまで、法医解剖医を2人態勢にしてチームは1つで解剖を行う方針を所長の神倉保夫(松重豊)が提案。
遺体の受け入れ件数も減らすことになりました。

 

そんな時、UDIラボには遺体が運ばれてきます。
鈴木巧(泉澤祐希)が鈴木果歩(青木美香)の遺体を持ってきたのです。

 

  • 鈴木巧(泉澤祐希)
  • 鈴木果歩(青木美香)

 

この2人は夫婦
自殺と判断された妻の鈴木果歩(青木美香)。
しかしその死因には納得していない夫の鈴木巧(泉澤祐希)。

 

自殺ではないと信じている鈴木巧(泉澤祐希)ですが目撃者がいるのです。
その目撃者とは釣り人(五頭岳夫)で海に飛び込んだ若い女性を目撃していました。

 

溺死という死因は自殺か他殺か解剖をしても見極めるのは難しい死因。
そう中堂系(井浦新)は言いました。

 

  • 三澄ミコト(石原さとみ)
  • 中堂系(井浦新)
  • 東海林夕子(市川実日子)

 

3人が鈴木果歩(青木美香)の解剖を始めます。
しかし慌てて解剖室に飛び込んできた人物がいました。

 

それが所長の神倉保夫(松重豊)と葬儀場の職員。
なんと、運ばれてきた鈴木果歩(青木美香)の遺体は葬儀場から盗まれた遺体だったことが判明。
三澄ミコト(石原さとみ)は死体損壊罪となってしまったのです。

 

事情はこうです。
偶然にも同じ苗字の鈴木果歩(青木美香)と鈴木巧(泉澤祐希)。
結婚していない恋人だったのですが、妻と偽りUDIラボに解剖を依頼していたのです。

 

ミコトは死体損壊罪?

三澄ミコト(石原さとみ)は、思わぬ事情に巻き込まれ、死体損壊罪となってしまいました。
そこにあの刑事2人が登場します。

 

  • 毛利忠治(大倉孝二)
  • 向島進(吉田ウーロン太)

 

多くの会話をする2人。
遺体に傷をつけたくないという鈴木果歩(青木美香)の両親の意志を聞きます。

 

遺体を盗み出した鈴木巧(泉澤祐希)は夫と偽っていたのです。
遺体損壊罪は三澄ミコト(石原さとみ)ではなく鈴木巧(泉澤祐希)が問われることになりました。

 

鈴木果歩(青木美香)のご遺体はその間、中堂系(井浦新)が閉じました。
そして遺族の元へ返却されていました。

 

果歩の死因は?

鈴木果歩(青木美香)の死因は一体何だったのでしょう。
両親は自殺の原因を鈴木巧(泉澤祐希)だと考えていたのです。

 

鈴木果歩(青木美香)が溺死で亡くなった時、鈴木巧(泉澤祐希)がそばにいることはありませんでした。
両親はそれを鈴木巧(泉澤祐希)が娘を捨てたことで鈴木果歩(青木美香)が自殺したと考えていました。

 

しかし真実はこうです。
鈴木巧(泉澤祐希)は稼ぎも少ない男性。
それでもいいと言ってくれる鈴木果歩(青木美香)のために一生懸命働いていました。

 

鈴木果歩(青木美香)が溺死した日、鈴木巧(泉澤祐希)は工事現場に泊まり込みをして仕事をしていました。
自宅に帰られないほど一所懸命働いていたのです。

 

では鈴木果歩(青木美香)の溺死の原因はなんだったのでしょう。
解剖の途中でしたが、鈴木果歩(青木美香)の心臓の左心の電解質濃度が高いことはUDIラボのメンバーが明らかにしていました。

 

このことから、海水で溺死したことは間違いないと証明されました。
しかし、分かったのは溺死だったということだけ。
自殺なのか他殺なのかは、まだはっきりとわからなかったのです。

 

肺をしまい忘れた?

中堂系(井浦新)は警察から鈴木果歩(青木美香)の遺体を閉じることを命じられていました。
もちろん指示通りにした中堂系(井浦新)。

 

しかし、なんと肺をしまい忘れたというのです。
わざとなのですが、中堂系(井浦新)の過去や想いを感じられるシーンとなりました。

 

窃盗
この一言に限る中堂系(井浦新)の行為。

 

しかし、これは多くの謎を解決することができる材料でもあるのです。
中堂系(井浦新)と三澄ミコト(石原さとみ)は鈴木果歩(青木美香)の死について話し合います。

 

  • 海に飛び込んだとされる場所
  • 遺体が発見された場所

 

この2つが若干違うのです。
場所を証明する方法がないかと2人は話し合っていたのでした。

 

スポンサーリンク

 

中堂系の家で仕事

鈴木果歩(青木美香)の遺体から肺を取り出していた中堂系(井浦新)。
それが所長の神倉保夫(松重豊)にバレてしまいます。

 

そのためUDIラボでは何もできなくなり向かった先は100円均一。
三澄ミコト(石原さとみ)と中堂系(井浦新)は必要な材料を買い込みます。

 

中堂系(井浦新)の自宅に向かい、行ったことは仕事。
プランクトンを抽出することになりました。

 

しかし大切なものがありません。
それは顕微鏡。
電話をして持ってくるように頼んだ相手は久部六郎(窪田正孝)でした。

 

UDIラボではなく中堂系(井浦新)の自自宅でプランクトンの調査。
そのため、顕微鏡で発見できるのはゴミばかりでした。

 

次にヘルプとして呼び出されたのは東海林夕子(市川実日子)。
パイプドメスト持参でやってきため、やっとプランクトンの数を数えられるようになりました。

 

そしてプランクトンの数によって結論がでます。
鈴木果歩(青木美香)の肺の中の海水の成分から導き出した答えこれ。

 

鈴木果歩(青木美香)が亡くなった場所は目撃された場所ではなく、遺体が発見された場所で亡くなったのでした。

 

その後、死後CTがUDIラボに送られてきます。
鈴木果歩(青木美香)の肺の大きさが、通常の溺死よりも小さいことが発覚。

 

ドライドローニングという現象が起きていたのです。
そのドライドローニングとは顔面から冷たい水に落ちてショック状態となることをいいます。

 

通常の溺死のように海水を含んで膨張していない肺だったのです。
鈴木果歩(青木美香)は泳げるわけがなく、海に落ちた瞬間に気を失って亡くなっていたのです。

 

中堂系の暴走

さて鈴木果歩(青木美香)のCT画像を一足先に見た中堂系(井浦新)。
中堂系(井浦新)は鈴木巧(泉澤祐希)に会い、導き出した答えを聞かせていました。

 

目撃者の釣り人(五頭岳夫)が嘘を言っているとは思えないという中堂系(井浦新)。
しかし目撃したモノについては疑うべきものがあるというのです。

 

鈴木果歩(青木美香)は顔面から水におちていました。
しかし目撃者の釣り人(五頭岳夫)はから水に落ちたといっていました。

 

そう。
目撃者の釣り人(五頭岳夫)が見たものは鈴木果歩(青木美香)ではなく別の女性だったのでした。
そして飛び込んだ相手は鈴木果歩(青木美香)のふりをしていた可能性があるというのです。

 

愛のネックレスの謎

鈴木果歩(青木美香)に婚約指輪代わりにネックレスを贈っていた鈴木巧(泉澤祐希)。
亡くなった鈴木果歩(青木美香)の遺体にネックレスをしていたかと問います。

 

その答えはNo
中堂系(井浦新)からその答えを聞くと、鈴木巧(泉澤祐希)は犯人が分かったようでした。

 

  • ネックレスの行方
  • 誰がしているのか
  • 誰か持っているのか

 

これが鈴木巧(泉澤祐希)には分かったのでしょう。
そしてその人物こそが犯人だと判断したのでしょう。

 

葬儀で起きた第2の事件

鈴木巧(泉澤祐希)は鈴木果歩(青木美香)の葬儀に向かいました。
そしてある女性を包丁で刺します。

 

それは鈴木果歩(青木美香)を殺した犯人、まゆ(城戸愛莉)。
まゆ(城戸愛莉)はネックレスを貸してと言っていました。

 

すぐ返してほしいという鈴木果歩(青木美香)とトラブルになっていたのです。
もめ合っている時に、鈴木果歩(青木美香)を海に突き落としてしまいました。

 

まゆ(城戸愛莉)は海に落ちた鈴木果歩(青木美香)を助けようとはしません。
あろうことか、事件を偽装するために、事件現場とは少し離れた場所で鈴木果歩(青木美香)のふりをして海に飛び込んでいたのです。

 

目撃者である釣り人(五頭岳夫)が見たものは鈴木果歩(青木美香)のふりをしたまゆ(城戸愛莉)だったのです。

 

鈴木巧(泉澤祐希)は怒りが収まりません。
とどめをさし、まゆ(城戸愛莉)の息の根を止めようと包丁を振り上げます。

 

周りが唖然とし、止める声を上げる中、鈴木巧(泉澤祐希)が包丁をまゆ(城戸愛莉)に振り下ろし、刺したのでした。

 

思いを遂げられた鈴木巧

そもそも、犯人であるまゆ(城戸愛莉)を鈴木巧(泉澤祐希)が刺すことになったのは、中堂系(井浦新)が鈴木巧(泉澤祐希)に真実を教えたからでした。

 

事件の真実を知れば、鈴木巧(泉澤祐希)が復讐をすることは想像できたことでしょう。
なぜ鈴木巧(泉澤祐希)のことを中堂系(井浦新)は止めなかったのでしょう。

 

  • 殺す奴は殺される覚悟をすべき
  • 想いを遂げられて本望だろう

 

こんなことを中堂系(井浦新)はいうのでした。

 

第5話の感想

愛というものがテーマとなったドラマ「アンナチュラル」の第5話。
みなさんはネタバレを読んでどう思われましたか?

 

愛する人のため。
それが最後に鈴木巧(泉澤祐希)が犯人のまゆ(城戸愛莉)を刺した理由です。

 

想いを遂げられて本望だろうという中堂系(井浦新)の言葉にもグッときました。
中堂系(井浦新)も恋人を何者かに殺されています。

 

想いを遂げられる事なく、今も生きているのです。
そもそも犯人が逮捕されていないのですから、第5話を見ている限りでは中堂系(井浦新)も最終的には恋人を殺した犯人を刺すのではないかという伏線にも感じられます。

 

とにかく第5話もゲストの演技が光っていましたね。
正直キャストも神がかっていたように感じます。

 

ストーリーが良くても、演じるキャストがそれだけの演技で答えなければいいドラマにはなりません。
ゲストの力が存分に発揮されたドラマ「アンナチュラル」第5話だったと思います。

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」第5話のネタバレをご紹介しました。
結局被害者の恋人が悪者になってしまいましたね。

 

しかし考えてみれば、恋人を思っての犯行だったのです。
愛ゆえに起きてしまった事件で、とても悲しくも残酷ですが、「アンナチュラル」らしさが多く出ていましたね。

 

ネタバレをよんで、みなさんは何を感じましたか?
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル