もみ消して冬に山村紅葉!こずえの犯人オーラはサスペンス慣れから?

      2018/02/15

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」にサスペンスドラマの裏女王と言われている山村紅葉さんが出演することになりました。
6話のゲストとなります。

 

演じる役は奥平こずえ
まさかの真犯人だと疑われているのでした。
疑われる理由についても、じっくり見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

もみ消して冬に山村紅葉が奥平こずえ役

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話のゲストとして山村紅葉さんが出演します。
山村紅葉さんを見ると、どうしてもサスペンスドラマを思う人もいるのではないでしょうか。

 

山村紅葉さんが演じる役は奥平こずえ役。
なんと犯人として疑われるようです。

 

山村紅葉

山村紅葉さんは京都府出身の女優さんです。
もみちゃんという愛称で親しまれています。

 

山村紅葉さんのお母さま、山村美紗さんは作家さんですよね。
なんと日本のアガサ・クリスティと呼ばれているほどなのです。

 

そんなお母さま、山村美紗さん原作のドラマを中心に2016年時点でも500本を超えているというのです。
そういう意味でも2時間ドラマの裏女王なんて言われているんですよ。

 

  • 「東京タラレバ娘」占い師役
  • 「あいの結婚相談所」澤峰あかり役
  • 「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」五十嵐翠子役
  • 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(第6話)奥平こずえ役

 

2時間サスペンスドラマではなくても、出演されている作品がありますよね。
ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話では事件が起きてしまいますが、サスペンスではありませんもんね。

 

 

サスペンス慣れした山村紅葉さんの演技に注目です。
山村紅葉さんが出演にあたってコメントをされています。
ご紹介します。

 

「もみ消して冬」の中で火曜サスペンス劇場のBGMが流れていて、「懐かしいわ」と拝見していたので、オファーを頂いて嬉しかったです。
あの「ジャ、ジャ、ジャーン」のメロディーが呼んでくれたのかなと。
今回の撮影では「サスペンス」の部分をぐっと強調して演技しているんですが、私自身は「コメディ」に出演するのも大好きなんです。
「サスペンスドラマの裏女王」なんて呼ばれていますが、意外と犯人役はそれほどやっていなかったりするんですよ。
でも折角なので皆様が持つイメージを逆手にとってうまくやってみたいです。

サスペンスファンの皆様には、寂しくなった土曜日の夜に、「サスペンスが帰ってきた」と喜んでいただけると思いますし、コメディが好きな方や若い方にもとってもテンポも速くて楽しい作品になっていると思うので、是非、ご家族皆さんでご覧ください。

出典:公式HP

 

奥平こずえ役

奥平こずえ(山村紅葉)は北沢泰蔵(中村梅雀)の大学の同級生
社交ダンス部に所属していました。

 

ある日、大学の社交ダンス部の同窓会に参加した北沢泰蔵(中村梅雀)は睡眠薬を飲まされ、さらに殺人未遂事件へと発展していくのです。

 

 

疑われたのは奥平こずえ(山村紅葉)。
理由は、犯人のオーラが放たれていたからという理由でした。

 

果たして奥平こずえ(山村紅葉)は事件に関わっているのでしょうか。
そして犯人なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

犯人と疑われる理由

さて、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話の事件で奥平こずえ(山村紅葉)が疑われる理由。
すごく気になりますよね。

 

  • 圧倒的に怪しい
  • 犯人のオーラを放つ

 

そんな人物が奥平こずえ(山村紅葉)であったがために怪しまれてしまいました。

 

しかしこれ、確実に山村紅葉さんの人物像を利用した設定ですよね。
山村紅葉さんはサスペンス慣れしています。

 

どんな演技を見ていても、サスペンスを彷彿させてきます。
独特な存在感を与える山村紅葉さんだからこそ、怪しい雰囲気があるのでしょうね。

 

山村紅葉さんだからこそ出来る役となっています。
普段は推理する側だったり警察役だったりと犯人側には回らない山村紅葉さんだけに、演技に期待が高まります。

 

もみ消して冬6話あらすじ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」6話のあらすじです。
2018年2月17日放送分となります。

 

 

泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。
睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。

その夜 泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。
そこで秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を北沢家に呼んで取り調べするが、その中でひと際犯人のオーラを放つこずえ(山村紅葉)が怪しいとにらむ秀作。

ところが、かつて泰蔵とつきあっていた他の4人と違い、こずえはダンスパートナーどまりの関係で犯行動機につながる恨みは見つからない。
さらに別のチョコレートから最悪死に至る別の薬物が検出され、事態は殺人未遂事件と変わっていく。
秀作と知晶の推理対決が繰り広げられてゆくがー。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」6話に山村紅葉さんが出演することになりました。
奥平こずえ役です。

 

サスペンスというと山村紅葉さんを思い出す人もいることでしょう。
火曜サスペンスの音楽と共に楽しみたいと思います。

 

第6話の終盤では山田涼介さんとのデートシーンもあるということで期待が高まります。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~