もみ消して冬に宍戸美和公!潮音しおね犯人?スカッとジャパンの人!

      2018/02/18

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」に宍戸美和公さんが出演します。
第6話のゲスト出演で潮音しおね)役として出演するのです。

 

宍戸美和公さんときいても、あまりハッと思い浮かべられる人は少ないかもしれません。
しかし、スカッとジャパンの人というと、わかる人も多くなるかもしれませんね。

 

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話ではサスペンスのような展開に発展。
もしや潮音(宍戸美和公)は犯人なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

もみ消して冬で宍戸美和公が潮音(しおね)役

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話で宍戸美和公さんが出演することになりました。
スカッとジャパンでケチケチ母ちゃんを演じている人ですね。

 

第6話では潮音(しおね)役として登場。
もしや犯人疑惑があるのです。
事件の真相や犯人が気になりますね。

 

宍戸美和公

宍戸美和公さんは北海道出身の女優さんです。
大人計画に所属しています。

 

  • 「リーガル・ハイ」徳松清江役
  • 「逃げるは恥だが役に立つ」(第6話)仲居さん役
  • 「女囚セブン」百目鬼幸子役
  • 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(第6話)潮音役

 

名バイプレーヤーとして大活躍中の宍戸美和公さん。
先ほどもご紹介した通り、「痛快TVスカッとジャパン」でも好演です。

 

「痛快TVスカッとジャパン」の再現ドラマでは、ケチケチ母ちゃんシリーズで本当にケチおばさんを演じていますよね。
宍戸美和公さんの演技力の高さ、個性派女優が光るような番組となっています。

 

 

潮音(しおね)役

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話で宍戸美和公さんが演じる役は潮音(しおね)。
北沢泰蔵(中村梅雀)の大学の同級生でもある潮音(宍戸美和公)は大学時代に社交ダンス部に所属していたのです。

 

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話では事件が起きます。
5話の終盤に北沢泰蔵(中村梅雀)が自宅に帰ってきた瞬間に倒れましたよね。
それが6話で取り上げられる事件の始まりでした。

 

それは大学の社交ダンス部の同窓会の日。
同窓会に参加した北沢泰蔵(中村梅雀)は睡眠薬を飲まされました。

 

スポンサーリンク

 

その日は2月14日。
バレンタインデーでした。

 

北沢泰蔵(中村梅雀)はチョコレートをもらっていたのですが、そこから死に至る薬物が検出されます。
そこで睡眠薬どころか、殺人未遂事件に発展することになったのでした。

 

そこで疑われたのは奥平こずえ(山村紅葉)。
しかし犯人は別にいるようです。

もみ消して冬に山村紅葉!こずえの犯人オーラはサスペンス慣れから?

 

もしや、潮音(しおね)が犯人なのでしょうか。
実は潮音(宍戸美和公)と北沢泰蔵(中村梅雀)は付き合っていた事があったようなのです。

 

 

もみ消して冬6話あらすじ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」6話のあらすじです。
2018年2月17日放送分となります。
一体どんな事件が発生するのでしょう。

 

泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。
睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。

その夜 泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。
そこで秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を北沢家に呼んで取り調べするが、その中でひと際犯人のオーラを放つこずえ(山村紅葉)が怪しいとにらむ秀作。

ところが、かつて泰蔵とつきあっていた他の4人と違い、こずえはダンスパートナーどまりの関係で犯行動機につながる恨みは見つからない。
さらに別のチョコレートから最悪死に至る別の薬物が検出され、事態は殺人未遂事件と変わっていく。
秀作と知晶の推理対決が繰り広げられてゆくがー。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第6話に宍戸美和公さんが出演することになりました。
演じる役は潮音(しおね)。

 

北沢泰蔵(中村梅雀)の命を誰かが狙っています。
犯人は潮音(宍戸美和公)かもしれません。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~