江口のりこ海月姫インド人ニーシャ関西弁の理由!メイク似合いすぎ!

   

ドラマ「海月姫」に江口のりこさんが出演します。
江口のりこさんというと、ここ最近多くの作品で出演、さらに大活躍されていますよね。

 

キーパーソンを演じることが多い江口のりこさん。
もちろんドラマ「海月姫」でもキーとなります。

 

関西弁を話すインド人ニーシャ役です。
インド人メイクもすごく似合っている印象です。

 

スポンサーリンク

 

江口のりこ海月姫でインド人ニーシャ役

ドラマ「海月姫」に江口のりこさんが出演します。
名バイプレーヤーと言われる江口のりこさんが演じる役はインド人、ニーシャ役。

 

ドラマでインド人を演じるのは初めてという事ですが、普通に似合っています。
メイクもすごくピッタリですよね。

 

 

そして演技にも注目。
ひときわ目立つキーパーソンを演じます。

 

江口のりこ

江口のりこさんというと、みなさんご存知の女優さんでしょう。
名バイプレーヤーとして大活躍中です。

 

  • ピアノ
  • 関西弁
  • 中距離走

 

江口のりこさんの特技です。
兵庫県出身の江口のりこさんの関西弁は、マッチしていますし、他のドラマでも披露がありましたよね。

 

  • 「コウノドリ」向井祥子役
  • 「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」藤岩りおん役
  • 「ウチの夫は仕事ができない」小林みどり役
  • 「黒革の手帖」堂林京子役
  • 「anone」青島玲役
  • 「海月姫」ニーシャ役

 

今回ドラマ「海月姫」に出演することになりましたが、「anone(あのね)」にもレギュラー出演中。
役柄を考えてみると、全く人物像が違います。

 

さらに、これまでの出演作品、演じた役を見ても全然違うのが印象的。
江口のりこさんは自由自在な演技をする名バイプレーヤーだったのです。

 

スポンサーリンク

 

インド人ニーシャ役

さて、ドラマ「海月姫」で江口のりこさんが演じる役はインド人のニーシャ役。
一体どんな人物なのでしょうか。

 

ニーシャ(江口のりこ)は縫製会社を営むインド人です。
鯉淵蔵之介(瀬戸康史)が連れてきました。

 

ニーシャ(江口のりこ)は日本語を流暢に話すことができます。
その理由は、日本に長く住んでいたからでした。

 

さらに別れた夫が関西人。
ニーシャ(江口のりこ)の話す日本語は、全て関西弁になるのです。

 

アパレル業界に精通していることもあり、厳しい助言を送るのです。
その送る相手がこちら。

 

  • 尼~ず
  • 鯉淵蔵之介(瀬戸康史)

 

この人達は、ドレスを作ろうとしていますよね。
クラゲのドレス。

 

ビジネス視点でドレス作りを導きます。
ニーシャ(江口のりこ)のアドバイスは時に厳しく、それでも応援をしたいと言う温かい気持ちもどこかに現れています。
注目してみて下さい。

 

江口のりこインド人似合いすぎ

さて、ドラマ「海月姫」に江口のりこさんが出演し、インド人のニーシャ役を演じますが完成度が高いのが印象的。
そもそも日本人ではない役を演じるのが初めてという江口のりこさん。

 

しかし映像や画像を見るだけでもインド人役、似合っている印象ですよね。
インド人メイクもかなり研究されているようです。

 

インド人メイクのポイントは目元のインパクト
民族衣装のサリーも着こなしている江口のりこさんを見るためだけでもドラマ「海月姫」を見る価値はありますよね。

 

 

 

 

まとめ

ドラマ「海月姫」に江口のりこさんが出演することになりました。
様々な役を演じている名バイプレーヤーが今回演じる役はインド人のニーシャ役。

 

関西弁を話すニーシャ(江口のりこ)。
江口のりこさんの特技である関西弁が、見られるのにも期待です。

 

またインド人役が似合いすぎているのも印象的。
ぜひドラマ「海月姫」後半戦のキーパーソンに注目してみて下さい。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 海月姫