もみ消して冬に花乃まりあ!善財の婚約者で犯人?窃盗団の一味なの?

   

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」で美しい女性が登場しています。
それが花乃まりあさん。

 

一体どんな役なのかというと、善財の婚約者です。
写真のみの登場回でも、善財(竹森千人)の婚約者が花乃まりあさんだと気づいた人も多いようですね。
一体どんな方なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

もみ消して冬に花乃まりあが善財の婚約者で犯人?

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」に花乃まりあさんが出演しています。
花乃まりあさんって一体どんな方なのでしょうか。

 

演じている役は善財(竹森千人)の婚約者ですが、善財(竹森千人)は何者かに殺害されてしまいます。
犯人疑惑が善財(竹森千人)の婚約者、花乃まりあさんのようなのです。

 

 

花乃まりあ

花乃まりあさんは東京都出身の女優さん。
姿を見た方は気付いたかもしれませんが、元宝塚歌劇団花組トップ娘役として活躍されていました。

 

元宝塚歌劇団の雰囲気ありますよね。
どこか独特で、気づいた方も多かったと思います。

 

引退したのは2017年2月。
フロム・ファーストプロダクションに所属していて、現在はドラマや舞台などで活躍されているのです。

 

  • 「越路吹雪物語」中川慶子(淡島千景)役
  • 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」善財の婚約者

 

ドラマ「越路吹雪物語」がテレビドラマ初出演となりました。
さらに同時期、「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」への出演となったのです。

 

コメディ要素の高い作品で、視聴率も良い話題作品。
このドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」に出演することで、ますます花乃まりあさんの知名度が上がりそうですね。

 

宝塚歌劇団時代を知らない人でも、ファンになるほどの美しさ。
今後もますます多くの作品で見かけることになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

善財の婚約者役

花乃まりあさんがドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」で演じる役は善財(竹森千人)の婚約者
次の院長争いを北沢博文(小澤征悦)としている相手が善財(竹森千人)ですね。

もみ消して冬ライバル医師善財は竹森千人!コント得意なお笑い芸人?

 

院長争いというと、結婚している方が有利だと言われています。
そのため善財(竹森千人)は一歩リード。

 

婚約者(花乃まりあ)との写真を北沢博文(小澤征悦)に送りつけているシーンも映し出されました。
また、アヴェマリアのハンドベル演奏を結婚式の余興でしてほしいと北沢博文(小澤征悦)に頼んでいた善財(竹森千人)。

 

しかし、思わぬ出来事が発生しています。
善財(竹森千人)が何者かに殺害されてしまうのです。

 

そして善財(竹森千人)を殺した犯人が婚約者役の花乃まりあさん。
あろうことか、婚約者(花乃まりあ)は窃盗団の一味だったのです。

 

第7話のあらすじ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」第7話のあらすじです。
善財(竹森千人)の婚約者として、花乃まりあさんが大きく取り上げられます。
2018年2月24日放送分です。

 

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。
ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。
実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。
出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わう。

一方、男らしくない態度を里子に責められフラれた秀作(山田涼介)は、さらに不幸な秀作なら博文を勇気づけられると知晶(波瑠)から励まし役を命じられる。
そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家にも出入りする手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を採用しているとの情報を持ってきた。
秀作達は窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」に花乃まりあさんが出演しています。
演じている役は善財(竹森千人)の婚約者。

 

善財(竹森千人)は亡くなってしまいますが、婚約者(花乃まりあ)が犯人のようです。
花乃まりあさんはどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~