アンナチュラル殺人者Sは白井役!望月歩が熱演!犯人役なのか?

   

ドラマ「アンナチュラル」第7話は「殺人遊戯」というサブタイトルで放送されます。
第7話の舞台は私立高校。

 

殺人者Sという人物が登場します。
白井役で望月歩さんが演じます。

 

実際に考えてみると殺人者Sとなる白井(望月歩)はサイコパスなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル殺人者S名乗る白井は望月歩

ドラマ「アンナチュラル」に白井という人物が出てきます。
自らを殺人者Sと名乗っています。

 

S=白井のイニシャルでしょうね。

 

とある動画リンクのURLが送られてきて、そこには殺人者Sと名乗る白井(望月歩)の姿があります。
その動画はUDIラボの三澄ミコト(石原さとみ)への挑戦状でもあったのでした。

 

殺人者Sは白井

殺人者Sと名乗る白井(望月歩)は私立高校に通う高校1年生
第7話の舞台となる高校に通っています。

 

さらに三澄ミコト(石原さとみ)とは、意外な所でつながりがありました。
それは弟の存在。

 

三澄ミコト(石原さとみ)の弟は三澄秋彦(小笠原海)。
予備校の講師をしていますよね。

 

その予備校に殺人者Sと名乗る白井(望月歩)は通っていました。
法医学に興味を持っているというのです。

 

サイコパス疑いの殺人者S

さて、殺人者Sを名乗る白井(望月歩)にはサイコパスの疑いもかけられています。
そう、三澄ミコト(石原さとみ)に動画を送りつけある事件の死因を解明しろというのです。

 

その動画のURLは殺人実況生中継
Yを殺したと言う自白をする殺人者Sを名乗る白井(望月歩)。

 

さらに答えを間違えると、人質のXも殺すといっているのです。
まさにサイコパスといってもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

望月歩

ドラマ「アンナチュラル」7話で殺人者Sを名乗る白井を演じるのは望月歩さんです。
望月歩さんと聞いてもなかなかパッと思い浮かぶ人は少ないかもしれません。

 

望月歩さんはヒラタオフィスに所属している俳優さん。
179cmという高身長の持ち主でもあるのです。

 

 

俳優デビューは2014年。
映画「ソロモの偽証」にて抜擢されたことでデビューとなりました。

 

そして話題になったのは「コウノドリ」でも同じでしたね。
元倉亮役を務め、中学生の妊娠について改めて考えさせられました。

 

再び望月歩さんが注目されたのが「母になる」。
ナウイ先輩という名前から注目される要素満載の役柄を演じ切りました。

 

演技力も高く評価され、ドラマ「アンナチュラル」7話への出演でも期待が高まるばかりです。
今までとはまた一味違った役柄ですよね。

 

ドラマ「アンナチュラル」7話での殺人者Sを名乗る白井という役柄はなかなかできるものではありません。
そこにサイコパス要素を望月歩さんがどのように加えてくるのかにも注目です。

 

おそらく望月歩さんにとって代表作の1つとなるドラマ「アンナチュラル」第7話。
ゲストながら、大きな存在感を残してほしいものです。

 

アンナチュラル7話あらすじ

ドラマ「アンナチュラル」第7話のあらすじです。
殺人遊戯と題して放送され、望月歩さんが出演します。

 

殺人者Sと名乗る白井、望月歩さんの演技力にもご期待ください。
2018年2月23日放送分となります。

 

ある日、ミコト(石原さとみ)の携帯に「これを見たら電話をください」と謎のリンクアドレスが貼られたメールが届く。
差出人は、予備校で働く弟・秋彦(小笠原海)から紹介された法医学に興味を持つ高校1年の男子生徒だ。
ミコトがアドレスをクリックすると、「殺人者S」と名乗る学生が、自分が殺したというYの遺体を「殺人実況生中継」としてライブ配信していた!!

殺人者Sはミコトに対し、「Yくんの死因はなんでしょう?」と挑戦状を叩きつける。
もし答えを間違えたら、人質になっているXも殺すという…!
中堂(井浦新)は挑発に乗るなと止めるが、ミコトはSの勝負に乗ることに。
しかし、ライブ配信で映し出される映像しか死因を特定するヒントはない。
果たしてミコトは、遠隔診断でYの死因にたどり着けるのか!?

法医学者VS殺人者Sの勝負の結末は?
衝撃の事件には隠された秘密があった…。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」第7話に望月歩さんが出演します。
殺人者Sと名乗っている高校1年生の白井役を演じるのです。

 

これまで演じてきた役も、どれも印象的な演技をしてきた望月歩さんなので、ドラマ「アンナチュラル」7話でも話題になること間違いなしでしょう。

 

恐ろしい存在となる役柄ですが、楽しみですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル