アンナチュラル六郎の父親は伊武雅刀!俊哉の病院が8話事件に関係?

   

ドラマ「アンナチュラル」8話に六郎(窪田正孝)の父親が登場します。
父親の久部俊哉役を演じるのは伊武雅刀さん。

 

UDIラボに乗り込み久部六郎(窪田正孝)を辞めさせるように言ってきましたね。
一体何があったのでしょうか。
8話の事件との関係も気になります。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル8話、伊武雅刀は六郎の父親

ドラマ「アンナチュラル」8話に伊武雅刀さんが出演します。
なんと六郎(窪田正孝)の父親役です。

 

久部俊哉(伊武雅刀)は頑固な父親で怖い存在。
親子として、久部六郎(窪田正孝)とのやり取りについても、注目したいと思います。

 

伊武雅刀

伊武雅刀さんは東京都出身の俳優です。
声優やナレーターのお仕事もされています。

 

  • 「探偵・日暮旅人」雪路照之役
  • 「真昼の悪魔」神父役
  • 「西郷どん」徳川斉昭役
  • 「BG~身辺警護人~」大久保佐助役
  • 「アンナチュラル」(第8話)久部俊哉役

 

悪役など腹黒い役も演じてきた伊武雅刀さん。
しかし声色を多く変えられることから、コミカルな役まで演じ切ってこられた俳優さんなんです。

 

六郎の父親/久部俊哉役

久部俊哉(伊武雅刀)は久部六郎(窪田正孝)の父親です。
帝日大学病院の医師。
さらに教授でもあります。

 

 

ドラマ「アンナチュラル」8話では雑居ビル火災事件が発生。
負傷者を診察した関わりもあり、久部俊哉(伊武雅刀)はUDIラボに訪れました。

 

久部俊哉(伊武雅刀)は息子の六郎(窪田正孝)も医者になることが当然だと考えていました。
しかし久部六郎(窪田正孝)は将来に悩んでいます。

 

そんな息子が理解できない父親、久部俊哉(伊武雅刀)なのです。
さらに法医学に対しては偏見を持っていて、UDIラボから久部六郎(窪田正孝)を辞めさせようとしています。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル8話あらすじ

ドラマ「アンナチュラル」8話のあらすじをご紹介します。
2018年3月2日放送分となります。

 

雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。
遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。
ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。

一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。
彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった…。

解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。
腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか…?と疑念を抱く。

また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。
その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。
俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る…!!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」8話に伊武雅刀さんが出演します。
伊武雅刀さんが演じる役は医者。

 

以前から医者役が多かった伊武雅刀さん。
演技も、慣れたものですね。

 

伊武雅刀さんは、久部六郎(窪田正孝)の父、俊哉を演じます。
8話の事件とも関わります。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル