アンナチュラル続編?映画化?他局なら可能性大!現実は大きな壁!

      2018/09/16

ドラマ「アンナチュラル」ですが、間もなく最終回を迎えようとしています。
気になるのは、続編があるのか、ないのか。

 

というのも人気作品であるドラマ「アンナチュラル」。
なかなか切り込めないような現実社会を題材にストーリーが展開しているので注目度も高いです。

 

となると、続編を望む声も多いのです。
現実的に、ドラマ「アンナチュラル」の続編は実現できるのでしょうか。

 

さらに、映画化の話はあるのでしょうか。
今日は、続編や映画化についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル続編や映画化はある?

ドラマ「アンナチュラル」ですが、人気ドラマとなっていますね。
TBS金曜22時枠は、割と人気作品が多く放送されていましたが、中でも特に面白いと思える作品です。

 

1つ前のクールでは「コウノドリ」が放送されていました。
こちらもシーズン1の続編で、シーズン2として放送されましたよね。

 

TBSだからといって続編ができないわけではありません。
極端に言えば、続編は可能です。

 

しかし越えなければいけない壁はとても大きいように感じます。
さらに続編となると、映画化も気になるところではあります。

 

続編をして、映画化となった作品というと「コードブルー」。
他局ではありますが、人気シリーズとして続編を放送し、映画化まで現実させました。

 

これは「アンナチュラル」にも希望の光ですよね。
続編、スペシャルドラマ、そして映画化。
私達としては期待が高まるばかりです。

 

アンナチュラル続編や映画化を望む声

さて、ドラマ「アンナチュラル」ですが、最終回を前に続編や映画化を口にする人が多くなっています。
実際に、続編や映画化、望まれているんです。

 

 

 

 

 

 

 

他局なら続編が確実だった?

さて、ドラマ「アンナチュラル」ですが、他局が放送していれば確実に続編はあったでしょう。
他局というのはテレビ朝日

 

  • 相棒
  • 科捜研の女

 

この2つを筆頭に、サスペンス系のドラマは続編を作り続け、シリーズ化していますよね。
さらに、「警視庁捜査一課9係」は渡瀬恒彦さんが亡くなったことで「特捜9」に名前を変え、メンバーは再集結しているのです。

 

そうなると、もしもドラマ「アンナチュラル」がテレビ朝日の作品であれば、続編は確実だったでしょう。
しかし現実はTBSでの放送ですので、続編は簡単にはいかないでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

続編が実現するために超えないといけない壁

さて、ドラマ「アンナチュラル」の続編が実現するためには大きな壁が立ちはだかります。
その壁を越えなければならないのです。

 

その壁とは、まず人気俳優のスケジュール確保
主演の石原さとみさんは引っ張りだこの女優さん。

 

さらに井浦新さんも民放連続ドラマにはあまり出演されませんが、多くの場で活躍されています。
「アンナチュラル」で注目度が高かったため、おそらくほかの民放ドラマもアプローチを多くして来るでしょう。

 

さらに窪田正孝さんもドラマ出演が止まらない俳優さんですよね。
そんなことを考えると、ドラマ「アンナチュラル」の主要キャストはみなさんお忙しい方々ばかりなのです。

 

さらに、キャストだけではなくギャランティの話にもなります。
大人の事情というやつですね。

 

ドラマ「アンナチュラル」は1話完結のドラマです。
そのためゲストが毎回登場しましたよね。

 

そのゲストがまた豪華でした。
主要キャストも豪華、ゲストも豪華となると、それはもう多額なギャランティが発生しているはず。

 

続編を放送しシリーズ化したとして、どこまで金額が持つかというお話にもなってきます。
お金がないからという理由でキャストを変えるのは批判されるでしょうから、難しそうですよね。

 

それでも視聴率は良いドラマ「アンナチュラル」。
そういう意味では、多少金額面を無理しても続編を実現してほしいものです。

 

続編じゃなくて映画化?

さて、ドラマ「アンナチュラル」ですが続編ではなく映画化というのもいいですよね。
法医学の作品で、大きな事件を発生させれば、映画化も十分あり得るでしょう。

 

2時間強としてもドラマ「アンナチュラル」は飽きずに見ることができます。
家族で、友人で、映画を見に行くとすれば、多くの収入も見込めるでしょう。

 

ドラマ「アンナチュラル」はファン層の年代が幅広い作品です。
だからこそ、映画化は経済的にもすごく良い流れのように感じます。

 

実際に「コードブルー」が続編を経て映画化となったように、映画化するメリットがあるのです。
「アンナチュラル」もドラマからの映画化という意味では話題になりやすい作品。
実現したら、大きく注目を集めそうですね。

 

映画館の大画面で、「アンナチュラル」が見られるなんて贅沢です。
キャストの1人1人も大きく映し出されるのでテンションもあがりますね。

 

続編や映画化での主題歌は?

さて、ドラマ「アンナチュラル」が続編や映画化を実現させたとします。
主題歌はどうなるのでしょうか。

 

やはり米津玄師さんが担当するのが濃厚でしょう。
Lemonでなくとも、米津玄師さんが担当してほしいと感じている人も多いと思います。

 

米津玄師さんはずっと活躍されてきていたアーティスト。
しかしドラマ「アンナチュラル」で知ったという人も、ものすごく多いですよね。

 

私たちの記憶としては「アンナチュラル」の主題歌=米津玄師さんとなっているのです。
続編や映画化となっても、米津玄師さんの世界観が「アンナチュラル」にマッチするのは間違いなし。
こちらも期待していいと思います。

 

スペシャルドラマは現実的

ドラマ「アンナチュラル」のスペシャルドラマはどうでしょう。
いわゆる2時間ほどの特別番組ですね。

 

年末年始や夏休みなど、ドラマのクールがちょうど切替の時期に放送されることが多いスペシャルドラマ。
「アンナチュラル」のスペシャルドラマ化は、結構早い時点で実現するのではないかと思います。

 

続編や映画化よりも、ハードルが低いスペシャルドラマ。
早ければ2018年年末あたりに放送が見られるかもしれません。

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」の続編や映画化についてまとめてみました。
続編や映画化を望む声は多いのですが、実現するためには大きな壁もありそうです。

 

1番ハードルが低いのはスペシャルドラマでしょう。
人気ドラマ「アンナチュラル」だからこそ、まだまだ見たいという声が止まりません。

 

ぜひ続編でシリーズ化、そして映画化を現実的なものにしてほしいと思います。
私たちの声が届きますように。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル