アンナチュラル8話一ノ瀬ワタルが9番の焼死体!銃創って何が?

   

ドラマ「アンナチュラル」8話に登場した焼死体の1つ。
9番の焼死体と言われていましたね。

 

身元が分かって名前はマチダサブロウということがわかりました。
演じているのは一ノ瀬ワタルさんです。
一体どんな方なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル8話に一ノ瀬ワタル

ドラマ「アンナチュラル」8話に一ノ瀬ワタルさんが出演しています。
ゲストで、さらに焼死体という役でした。

 

一ノ瀬ワタルさんは9番の焼死体マチダサブロウを演じていましたね。
生前なにがあったのでしょう。

 

第8話の火災は殺人を隠すための放火だったのでしょうか。
9番の焼死体に迫ります。

 

一ノ瀬ワタル

一ノ瀬ワタルさんは佐賀県出身の俳優さんです。
元プロの格闘家で、キックボクサーとして活躍されていました。

 

格闘家は幼い頃から憧れていたもの。
途中で俳優にも興味を持つようになられます。

 

エキストラに登録し、撮影現場でスカウト。
それから俳優を志したのでした。

 

  • 「デスノート」メイソン・フジヤマ役
  • 「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」関虎太郎役
  • 「フリンジマン~愛人の作り方教えます」タツヤ役
  • 「アンナチュラル」(第8話)マチダサブロウ/(9番の焼死体)役

 

見た目が怖いので、色々と怖い役を演じることが多いですよね。
ドラマ「アンナチュラル」8話でも、かなり怖い見た目で焼死体となっていました。

 

マチダサブロウ役/9番の焼死体

ドラマ「アンナチュラル」8話では火災がありました。
雑居ビルが燃えましたよね。

 

そんな火災の被害者として巻き込まれたのがマチダサブロウ(一ノ瀬ワタル)さん。
身元不明の焼死体には番号が振られ、焼死体の9番が一ノ瀬ワタルさんだったのです。

 

 

9番の焼死体、すなわちマチダサブロウ(一ノ瀬ワタル)は火災で亡くなったのではなく、亡くなってから火災に巻き込まれたようです。
さて、事件の真相は一体なんなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル8話あらすじ

ドラマ「アンナチュラル」第8話のあらすじです。
2018年3月2日放送分となります。

 

UDIラボに運ばれてきた10体の遺体の1つが9番の焼死体。
マチダサブロウとして、一ノ瀬ワタルさんが出演しているのが、この回です。

 

雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。
遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。
ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。

一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。
彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった…。

解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。
腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか…?と疑念を抱く。

また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。
その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。
俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る…!!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」8話で9番の焼死体と言われていたのが一ノ瀬ワタルさんです。
元格闘家でありながら、俳優として活躍している一ノ瀬ワタルさん。

 

見た目の怖さも、今回のドラマ「アンナチュラル」でもありましたね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル