アンナチュラル最終回10話ゲストキャスト!犯人役は?結末は何?

   

ドラマ「アンナチュラル最終回ゲストをご紹介します。
最終回、いわゆる第10話ですが、どんなキャストで放送されるのでしょう。

 

ドラマ「アンナチュラル」という話題作が最終回を迎えるのは、寂しい気持ちもありますが、やはり展開が楽しみですよね。
ゲストキャストが、どんな演技をするのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル最終回(第10話)ゲストキャスト

ドラマ「アンナチュラル」最終回のゲストをご紹介します。
実は10話となる最終回のゲストのキャストには、過去のゲストも登場するのです。

 

ドラマ「アンナチュラル」の集大成ともいえる最終回。
赤い金魚の事件の結末は一体どうなるのでしょう。

 

最終回も豪華なゲストをご紹介します。
ゲストキャストの演技にも注目です。

 

糀谷和有役/国広富之

糀谷和有(国広富之)は糀谷夕希子(橋本真実)の父親です。
8年前に起きた赤い金魚の事件で、被害者となった糀谷夕希子(橋本真実)のお父さんですね。

 

糀谷夕希子(橋本真実)と恋人関係にあった中堂系(井浦新)が疑われていた事件です。
糀谷和有(国広富之)も同じように中堂系(井浦新)が犯人であると思い込んできたのです。

 

糀谷和有のキャストは国広富之さんが演じます。
国広富之さんは京都府出身の俳優さん。

アンナチュラル国広富之!夕希子の父親は中堂を疑う?現在病気なの?

 

モデルや女優として活動している谷内里早さんは、国広富之さんの実の娘さんなんです。

 

  • 「HEAT」星乃周一郎役
  • 「模倣犯」田中管理官役
  • 「増山超能力師事務所」小山内晃役
  • 「幕末グルメ ブシメシ!2」桔梗屋源次役
  • 「アンナチュラル」(最終回)糀谷和有役

 

国広富之さんの演技力は多くの方を魅了していきました。
ゲストキャストとしても、爪痕を残す演技をしてくれることでしょう。

 

さらにチャームポイントは八重歯
ドラマ「アンナチュラル」では娘を失い、悲しみに満ちた父親を演じるため、チャーミングな八重歯は見られないかもしれません。
糀谷和有(国広富之)最後に笑顔が見られるような結末が、第10話である最終回であることを願います。

 

スポンサーリンク

 

烏田守役/吹越満

烏田守(吹越満)は検事
ずっと「アンナチュラル」を視聴している方からすると、あれ?と思ったかもしれません。

 

烏田守(吹越満)は第3話でもゲストとして出演していましたよね。
悪の強い吹越満さんの演技がとても印象的でした。

アンナチュラル烏田守検事は吹越満!アクの強いクセのある人物!

 

第3話でゲストとして出演した際は、主婦ブロガー殺人事件の担当検事として登場しましたね。
第10話の最終回では赤い金魚事件の裁判が行われます。

 

烏田守(吹越満)は都合のように証言を変えるように言ってきました。
最終回でも三澄ミコト(石原さとみ)に、間違った証言をさせるのでしょうか。

 

ゲストというと1回限りの出演のように感じますよね。
しかし吹越満さんは再びゲストとして最終回に登場。

 

吹越満さんがキャストになるということはそれだけ大きな存在感もありますので、最終回も楽しみです。

 

アンナチュラル最終回10話のあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」最終回のあらすじをご紹介します。
第10話に当たるストーリーですね。

 

2018年3月16日放送分となります。
10分拡大スペシャルで放送となり、サブタイトルは旅の終わり

 

ついにドラマ「アンナチュラル」も最終回であるということが分かります。
結末が楽しみです。
ゲストキャストにも注目していきましょう。

 

中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。
しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。
殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。

そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌にうっていたことがメンバーに知られ、UDIに崩壊の危機が訪れる…!
赤い金魚殺人事件の全容がついに明かされる最終話!
10分枠大スペシャル!

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」もついに10話目。
いわゆる最終回を迎えることになりました。

 

最終回も例外なくゲストが出演します。
今日はゲストキャストをご紹介しました。

 

一体どんな結末が待っているのでしょうか。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, アンナチュラル