トドメの接吻、菅田将暉ネタバレ最終回で正体判明!弟も元彼も違う!

   

ドラマ「トドメの接吻」の最終回が放送されました。
今まで明らかにされていなかったある人物の正体が、最終回でネタバレされたのです。

 

その人物は謎のストリートミュージシャン。
菅田将暉さんが演じていた春海一徳です。

 

最終回でついに正体が明らかになった春海一徳(菅田将暉)についてネタバレをしていきます。

 

スポンサーリンク

 

トドメの接吻、最終回で菅田将暉の正体判明(ネタバレ)

ドラマ「トドメの接吻」でひときわ怪しい人物がいました。
それが春海一徳(菅田将暉)でしたね。

 

正体がわからず、ネタバレをしようにもできないという状態でした。
しかし遂にドラマ「トドメの接吻」も最終回を迎え、春海一徳(菅田将暉)の正体が明らかになったのです。

 

今日は、春海一徳(菅田将暉)の正体をネタバレしていきます。
最終回で一気にネタあかしとなりました。

 

春海一徳役/菅田将暉

春海一徳(菅田将暉)は謎のストリートミュージシャンです。
ホームレスと同じように、路上で生活をしていました。

 

  • サラリーマン
  • 浮浪者

 

相手は誰であってもギターを奏でます。
かなり変わっている人物でした。

 

さらに菅田将暉さんが担当する主題歌、さよならエレジーを歌うシーンも登場しました。
菅田将暉さん本人が、「トドメの接吻」本編で、まさか主題歌を披露してくれるとは思っていませんでしたよね。

トドメの接吻主題歌の歌詞!菅田将暉さよならエレジー良い【動画有】

 

 

人生を達観しているところがあった春海一徳(菅田将暉)。
これはなぜでしょう。

 

実は、春海一徳(菅田将暉)の正体が関係していました。
大人びた言葉でアドバスをする春海一徳(菅田将暉)。
正体のネタバレを読めば納得するはずです。

 

春海一徳(菅田将暉)来た理由

さて、ドラマ「トドメの接吻」の公式HPに、春海一徳(菅田将暉)について気になる記載がありました。
それはこうです。

 

しかし彼がこの街にやってきたのは、偶然ではなかった…。

出典:公式HP

 

この記載で春海一徳(菅田将暉)の正体について、様々な憶測が飛び合いましたね。
しかしこれ、そんなに深くありませんでした。

 

春海一徳(菅田将暉)がたまたま立ち寄った居酒屋である話を聞きます。
それが宰子(門脇麦)のことでした。

 

キスをすると時間が遡る変な女がいるという話を聞いたのです。
そして春海一徳(菅田将暉)は宰子(門脇麦)探し、旺太郎(山崎賢人)たちのことを観察していたのでした。

 

自分と同じように、時間を遡れる人物を探して、旺太郎(山崎賢人)がいる街にやってきたのです。
私達、結構深読みしていましたよね。笑

 

春海一徳(菅田将暉)正体をネタバレ

今、少しネタバレをしてしまいましたが春海一徳(菅田将暉)も時間を遡ることができる人物
なぜ、キスで時間が遡れるのかは分かりませんが、宰子(門脇麦)と同じように、キスで時間を巻き戻せたのです。

 

宰子(門脇麦)と春海一徳(菅田将暉)の違いは遡れる時間。
1週間の宰子(門脇麦)に対して、春海一徳(菅田将暉)は3ヶ月、遡れたのです。

 

なぜ時間を遡れるようになったのかは、春海一徳(菅田将暉)にも分らないようでした。
しかし春海一徳(菅田将暉)はある事件に巻き込まれていたのです。

 

それが一家心中。
春海一徳(菅田将暉)の正体は一家心中の生き残り

 

瓦礫の下敷きになってしまった春海一徳(菅田将暉)は幸せに時に戻りたいと願い続けていたそうです。
その願いを叶えることはできませんでした。

 

3ヶ月前に戻れても、どうしても、一家心中が起きた後にしか戻れなかったのです。
春海一徳(菅田将暉)の過去は、とても悲しく、正体が分かった今でも切ない物語であったことが分かります。

 

スポンサーリンク

 

弟や元彼予想はハズレ

さて、春海一徳(菅田将暉)に関しては、多くの憶測が飛び交いました。
正体を予想していた人達は、こんな意見が多かったですよね。

 

  • 旺太郎の弟
  • 宰子の元カレ

 

色々な予想があった菅田将暉さん演じる春海一徳の正体ですが、この2つはハズレ。
ネタバレを読んだ方は分かる通り、旺太郎にも宰子にも関係がなかったのです。

 

最終回は菅田将暉と山崎賢人がキス?

ドラマ「トドメの接吻」最終回が放送され、驚きの展開、結末でしたね。
最終回では、なんと菅田将暉さんと山崎賢人さんのキスシーンがあったのです。

トドメの接吻最終回動画!山崎賢人と菅田将暉のキスシーンが無料?

 

菅田将暉さん演じる春海一徳の正体が分かり、旺太郎(山崎賢人)は3か月前に戻ることを選択。
自分なりに決着をつけるということを選択したのです。

 

春海一徳(菅田将暉)とキスをすると3ヶ月という時間が遡れることのネタバレをされた旺太郎(山崎賢人)。
今キスをすると、宰子(門脇麦)と出会う前か直後にしか遡れないと分かります。

 

それでは2人の情も愛もありません
しかし旺太郎(山崎賢人)は戻ることを決意。
菅田将暉さんと山崎賢人さんのキスシーンに繋がっていきました。

 

最終回のネタバレを少しすると、3ヶ月前に戻った旺太郎(山崎賢人)は宰子(門脇麦)に会う事ができました。
しかしやはり宰子(門脇麦)との友情や愛などはそのころにはありません。
春海一徳(菅田将暉)の言う通りでした。

 

そして旺太郎(山崎賢人)は今までの3か月間、自分が宰子(門脇麦)にしてきたことを未来予想のようにして話します。
クズ男にはひっかかるなといって、姿を消したのでした。

 

感動的でありながら切ない最終回となりました。
しかし春海一徳(菅田将暉)の正体がネタバレになったことで、旺太郎(山崎賢人)は新しい1度しかない人生を、次こそは必死に生きると決められたのでしょうね。

 

まとめ

ドラマ「トドメの接吻」に出演中の菅田将暉さん。
主題歌を担当しながらも、出演者の1人として登場していました。

 

そんな菅田将暉さんが演じていたのは春海一徳役。
謎に包まれている役でしたが、ついに最終回で正体が明らかになりました。

 

今日は菅田将暉さん演じる春海一徳の正体をネタバレしていきました。
このネタバレを読めば、結果的に最終回のネタバレにもなりましたね。

 

ドラマ「トドメの接吻」の最終回も終わり、トドメの接吻ロスの視聴者も多いことでしょう。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, トドメの接吻