隣の家族は青く見える流産?奈々は無事?妊娠しても出産は難しい?

   

ドラマ「隣の家族は青く見える」で五十嵐奈々(深田恭子)は無事に妊娠しましたよね。
すごく感動的で、視聴者の涙を誘いました。

 

しかし嫌な予感のする予告動画が公開されています。
流産…。

 

そんな風に思わせてきていますよね。
五十嵐奈々(深田恭子)の安否も気になります。

 

スポンサーリンク

 

隣の家族青く見える奈々は流産?

ドラマ「隣の家族は青く見える」で主人公の五十嵐奈々(深田恭子)。
妊活も必死になり、見ている方も疲れながらも応援していましたよね。

 

そして待望の妊娠
みんなが喜んでいたのです。

 

しかし様子は急に一変。
五十嵐奈々(深田恭子)が流産するのではないかと、言われているのです。

 

流産

五十嵐奈々(深田恭子)ですが、せっかく授かった命。
妊娠したことで、すごく喜んでいましたよね。

 

しかし展開があり、流産疑惑が出てきています。
予告動画から、悲しい展開を思わせてきて、どんどん重たいテーマで放送となっている「隣の家族は青く見える」。

 

さて、流産とはいったいどんなことをいうのでしょうか。

 

流産とは胎児が胎外で生存不可能な時期の分娩のことを言います。
妊娠22週未満の分娩のことを言うのです。

 

しかし妊娠22週未満といっても、この中のほとんどは妊娠12週までに起こります。
いわゆる初期流産なのです。

 

流産は稀なものではないのです。
妊娠が発覚した人の1割~2割で見られます。
妊娠しても8割、9割しか正常に成長せず、出産につながらないことになります。

 

流産の原因ははっきりとわかりません。
しかし健常な女性であっても、ドラマ「隣の家族は青く見える」で五十嵐奈々(深田恭子)の設定年齢30代では、2割から3割の人が流産してしまうとも言われるのです。

 

  • 痛み
  • 出血
  • 下腹部痛

 

これらの症状が出る人全てが流産しているわけではありません。
また、この症状がなくとも流産している人もいるのです。

 

気になることがある方は、早めに医療機関で受診してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

奈々は流産する?

さて、ドラマ隣の家族は青く見える」で五十嵐奈々(深田恭子)が流産するのではないかという予想があります。
もちろんそんな感じで予告動画が流れてしまいますから、みなさん流産予想をするのは当たり前のことだと思います。

 

 

 

 

 

妊活ドラマの結末

ドラマ「隣の家族は青く見える」のテーマの1つは妊活ですよね。
現代社会、女性も働く社会になってきたため、妊娠出産の時期が遅くなっていることは皆さんもご存知でしょう。

 

そのため、妊活を行う夫婦も増えているのは事実。
これまでドラマで妊活を扱うものは、ほとんどなかったかと思います。

 

それでもドラマ「隣の家族は青く見える」は妊活をテーマの1つとしていますよね。
それなのにも関わらず、なぜ流産をするかのような展開になったのでしょうか。

 

妊活の現実を見せるためでしょうか。
ドラマですので、ある程度現実と離れていても、妊娠からの出産につなげてほしいと考えている人は多いでしょう。

 

妊活ドラマ「隣の家族は青く見える」を見ていて辛いと感じている人も多い作品。
さらに追い打ちをかけるように流産となれば、どこまで視聴者をどん底に落としにかかるのでしょうか。

 

ドラマ「隣の家族は青く見える」の結末はどこに向かっているのでしょう。
みなさんの予想をぜひコメント欄で教えて下さいね。

 

 

まとめ

ドラマ「隣の家族は青く見える」ですが、五十嵐奈々(深田恭子)は流産してしまうのでしょうか。
今まで頑張った妊活の結果で妊娠した五十嵐奈々(深田恭子)。

 

しかし流産という展開が、結構濃厚ですね。
結末はどうなるのでしょうか。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 隣の家族は青く見える