99.9最終回に三四郎の小宮浩信!滑舌に謎が隠される重要人物!

   

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」にお笑いコンビ三四郎小宮浩信さんが出演します。
出演オファーがどっきりではないかとも思った三四郎の小宮浩信さん。

 

しかし現実のお話。
最終回で事件のカギを握る重要な役を演じるようです。

 

スポンサーリンク

 

99.9最終回に三四郎の小宮浩信が出演

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」に三四郎の小宮浩信さんが出演することになりました。
お笑い芸人の三四郎の小宮浩信さんです。

 

メインとなって登場する役ではなさそうなのですが、事件の真実を握る鍵という役。
どんな演技を見せてくれるのでしょう。

 

三四郎の小宮浩信

三四郎の小宮浩信さんは、お笑いコンビの1人。
立ち位置は向かって左に立っている方ですね。

 

三四郎としてツッコミを担当。
またネタ作りもされています。

 

とにかく滑舌が悪い三四郎の小宮浩信さん。
何を言っているのかわからないこともしばしば。

 

さらにそれを聞き返されると逆ギレをするというお笑いのスタイルで活動されています。
滑舌が悪いのにドラマ出演とは、どうなることなのでしょうか。

 

  • 「闇の伴走者」三浦太一役
  • 「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」(最終回)

 

ドラマへの出演は過去にもありました。
しかし今回ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」は民放連続ドラマへの初出演となる三四郎の小宮浩信さん。
多くの方の目に、三四郎の小宮浩信さんの演技が届けられます。

 

スポンサーリンク

 

真実を見つける鍵となる人物

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」最終回での、三四郎の小宮浩信さんの役は明らかにされていません。
それでも、事件の真実を見つけるカギとなる重要な人物を演じることが発表されています。

 

  • 滑舌の悪さ
  • 逆ギレ

 

三四郎の小宮浩信さんの個性が生かせる役になっているでしょうか。
どんなシーンで登場するのかも楽しみですね。
期待が止まりません。

 

三四郎の小宮浩信さんのコメントをご紹介します。

 

最初、演技力がお粗末な僕にオファーが来るなんてドッキリかな?と思いました!
しかも地上波!

だが配役を聞いて納得しました!
一生懸命演技したので是非観てください!

出典:公式HP

 

【99.9】最終回あらすじ

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」最終回のあらすじです。
2018年3月18日放送分となります。

 

深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。
依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。
久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていたが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。
深山と舞子(木村文乃)は、自分自身の経験もあり、久世の無実を立証するために調査に乗り出すことに。

しかし、再審請求は『開かずの扉』と呼ばれるだけあって、一度最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ不可能に近く、苦戦を強いられる。
その上、再審請求を審理する裁判長に川上(笑福亭鶴瓶)が就任する。
久世の無実を立証すべく奮闘する深山たちに辛酸をなめさせられ裁判所内で後がない川上は、建前では公平に審議するためと言いつつ、深山たちに無理難題を押しつけるのだった。

佐田(香川照之)はマスコミ介し世論にアピールすることで、審議を有利に進めようとするが、反対に都合が悪いことを週刊誌に書かれてしまい、依頼人である亮平たちからの信頼を裏切ってしまう…。

0.1%の可能性さえも潰されつつある中、深山たちは事実にたどり着き、『開かずの扉』をこじ開けることができるのか!?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」最終回にお笑いコンビ三四郎の小宮浩信さん出演します。
民放連ドラ初出演となる三四郎の小宮浩信さん。

 

滑舌が悪いことで、どんな演技でどんなセリフをしゃべるのかも楽しみですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年1月期, 99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ