半分、青い。矢崎由紗すずめ幼少期!子役の鈴愛可愛い!朝ドラ抜擢!

      2018/03/26

連続テレビ小説「半分、青い。」の子役をご紹介します。
今日ご紹介するのは、楡野鈴愛すずめ)役の幼少期を演じる子役ちゃん。

 

その名も矢崎由紗ちゃんです。
楡野鈴愛役は永野芽郁さんが演じるので、永野芽郁さんの幼少期役という意味にもなりますね。

 

スポンサーリンク

 

半分、青い。鈴愛(すずめ)幼少期の子役は矢崎由紗

連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインは楡野鈴愛(すずめ)役です。
永野芽郁さんが務めることになっています。

 

しかし連続テレビ小説の見どころは、幼少期の子役ちゃんたちにもあります。

 

ヒロイン、楡野鈴愛(すずめ)役の幼少期を演じる子役ちゃんの名前は矢崎由紗ちゃん。
これまでの出演記録についても、まとめてみました。

 

矢崎由紗

矢崎由紗ちゃんは、セントラルに所属している子役ちゃん。
2009年生まれで、まだまだ幼い子役なのです。

 

  • 「Dr.DMAT」八雲春子(幼少期)役
  • 「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」後藤梨香役
  • 「砂の塔~知りすぎた隣人」汐里の娘役
  • 「半分、青い。」楡野鈴愛(幼少期)役

 

子役ちゃんとして、多くの作品に出演していました。
今回の連続テレビ小説「半分、青い。」は大抜擢

 

ヒロイン、楡野鈴愛(すずめ)役のキャストとなることで、今後の子役生活にも大きな影響が出てくることでしょう。
これからの矢崎由紗ちゃんにも注目です。

 

スポンサーリンク

 

楡野鈴愛(すずめ)役

楡野鈴愛(すずめ)は1971年7月7日に、岐阜県東部で生まれました。
温かい人物に恵まれ、すくすくと育っていったのです。

 

 

小学校3年生の時、左耳の聴力を失うのです。
おそらく、このあたりの描写は、幼少期役の矢崎由紗ちゃんが演じると考えられています。

 

片耳しか聞こえない女の子、楡野鈴愛(すずめ)。
子役の矢崎由紗ちゃんが、どのように演じるのかも注目ポイントです。

 

まとめ

連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロインの楡野鈴愛(すずめ)役の幼少期役を演じる子役ちゃんをご紹介しました。
子役の矢崎由紗ちゃんが演じます。

 

矢崎由紗ちゃんは、これまでにも多くの作品で活躍されてきましたが、連続テレビ小説「半分、青い。」は大抜擢。
ヒロインの幼少期役を演じることで、大きな注目が集まりそうです。

 

片耳が聞こえないという難しい役どころになりそうですが、子役の矢崎由紗ちゃんの演技力が楽しみです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 半分、青い。