宮本から君へエンディング曲はMOROHA革命!ラップが流れる?

      2018/04/03

ドラマ「宮本から君へ」のエンディング曲が決定しました。
それがMOROHA革命です。

 

主題歌とは別に、エンディング曲が設定されたドラマ「宮本から君へ」。
一体エンディング曲はどんな曲なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

宮本から君へエンディング曲はMOROHAの革命

ドラマ「宮本から君へ」のエンディング曲が決定しました。
実は主題歌は、もっと前から発表されていたので、それだけかと思っていました。

 

しかしエンディング曲が設定されたドラマ「宮本から君へ」。
担当するMOROHAとは、一体どんな人なのでしょうか。

 

 

MOROHA

MOROHAは長野県出身のラップグループです。
アコースティックギター1本で、バッキングを行い、ラップを歌います。

 

  • アフロ
  • UK

 

この2人で結成されているMOROHA。
高校時代の同級生でした。

 

メッセージ色が強いリリックがMOROHAの特徴です。
今回ドラマ「宮本から君へ」のエンディング曲を担当することにあたり、コメントをご紹介します。

 

宮本から君へ
君、ってのは俺の事だ。
これは宮本からのメッセージ、そう思って十八歳の俺は原作を読んでいた。
その後、自分の生き様と運良く出会えた俺は気付けば、俺から宮本へ、
送る言葉を綴っては人前で叫び散らかすと言う仕事についていた。
そして2018年、あいつは再び生まれ直す事になる。
久し振りに出会う宮本にグラスを掲げて俺は言う。

「乾杯、誕生日おめでとう。」

これはお前の歌だよ。

MOROHA アフロ

出典:公式HP

 

スポンサーリンク

 

エンディング曲は革命

ドラマ「宮本から君へ」のエンディング曲に決まったMOROHAの革命
実は、2013年に発売されたMOROHAⅡのアルバムに収録されている曲だったのです。

 

作詞 アフロ
作曲 UK

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOROHA / MOROHA II 【CD】
価格:1987円(税込、送料別) (2018/3/25時点)

 

 

歌詞を見ていくと、すごくわかるのですが、ドラマ「宮本から君へ」とマッチする部分が多くあります。
主人公である宮本を、しっかり描かれた曲ですね。

 

ドラマ「宮本から君へ」のために書き下ろされたのではないかと思わせるような1曲。
まさにエンディング曲にぴったりな1曲、革命です。

 

まとめ

ドラマ「宮本から君へ」のエンディング曲が決定しました。
すでに発売されているアルバムに収録されている革命という曲に決定。

 

MOROHAのメッセージ性の強いラップが、妙にドラマ「宮本から君へ」にマッチしています。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 宮本から君へ