半分、青い。語りは風吹ジュン上手い?ナレーションとヒロイン祖母!

   

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に欠かせない存在。
それは語りですよね。

 

語り=ナレーション
今回は風吹ジュンさんが担当することになりました。

 

ちなみに語りを担当するプラス、役者として「半分、青い。」本編にも出演されるのです。
楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

半分、青い。語りは風吹ジュン

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の語りは風吹ジュンさんが担当します。
朝ドラの顔はヒロインだけではなく、ナレーションを務める語りの方でもあるのです。

 

さらに驚きなのは、風吹ジュンさんは、キャストとしても出演が決定しています。
NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインの祖母役です。

 

語りとして、そしてヒロインの祖母役として関わる風吹ジュンさん。
朝ドラを盛り上げる1人として活躍されることでしょう。

 

風吹ジュン

風吹ジュンさんは女優さんです。
富山県出身です。

 

風に吹かれたように出てきたので、風吹
さらに語呂の良さからジュンを選び、風吹ジュンとして芸名を決定され、現在に至ります。

 

  • 「はみだし刑事情熱系」根岸玲子役
  • 「オレンジデイズ」萩尾ゆり子役
  • 「やすらぎの郷」菊村律子役
  • 「半分、青い。」楡野廉子役/語り

 

風吹ジュンさんの代表作と言えば、やはり「はみだし刑事情熱系」でしょうね。
さらに朝ドラ関係でいうと、「半分、青い。」で脚本家を担当されている北川悦吏子さんの作品「オレンジデイズ」にも出演されていたのです。

 

今回は、女優として「半分、青い。」に出演。
さらに語りの部分、ナレーションも担当することになりました。

 

語り/ナレーション

朝ドラと言えば、ヒロイン。
今回のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインは永野芽郁さんですね。

 

しかし、ヒロインのほかに注目される存在があります。
それが、ナレーションを務める、語りの存在です。

 

  • 菅野美穂
  • 増田明美
  • 小野文惠
  • 風吹ジュン

 

ここ最近、NHK連続テレビ小説で語りを担当された方です。
みなさん、それぞれの個性が出ていて、ヒロインなどにツッコミを入れたりなど、大きな存在感となっていますよね。

 

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の語りは風吹ジュンさん。
どんな愛情で、声で、ヒロインや「半分、青い。」の作品を包み込んでくれるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

楡野廉子役

風吹ジュンさんですが、語りだけでなく出演者としても「半分、青い。」に関わっています。
演じる役は楡野廉子役で、ヒロイン楡野鈴愛(永野芽郁)の祖母に当たります。

 

実は、楡野廉子(風吹ジュン)は、早い段階で亡くなってしまいます。
楡野鈴愛(永野芽郁)が小学生の頃に他界。

 

しかし楡野鈴愛(永野芽郁)は、あることを信じています。
それは祖母である楡野廉子(風吹ジュン)はカエルとなって、いつでもみんなの傍にいて見守っているということ。

 

天から見守る存在となる楡野廉子(風吹ジュン)。
それは、考え方を変えると、語りの部分ということにもなりますね。

 

楡野廉子(風吹ジュン)が亡くなる前から、もちろん「半分、青い。」の語りを担当。
しかし亡くなった後でも語りとして、ヒロインや家族たちを温かく支えるのです。

 

まとめ

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の語りは、風吹ジュンさんが担当します。
ヒロインの次に存在感の大きい語り、いわゆるナレーションですね。

 

風吹ジュンさんは、「半分、青い。」の出演者でもあります。
それと同時に語りを担当し、ヒロインや家族、そして「半分、青い。」という作品を見守る存在。

 

2018年4月から半年間、日本の朝の象徴の語りを務めるのです。
期待が高まりますね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 半分、青い。