半分青い子役はかわいい?可愛くない?ブサイクで歯もヤバい!下手?

   

連続テレビ小説「半分、青い。」で子役たちが大活躍していますね。
そんな中、あんまりよろしくない評判もあるのです。

 

  • 可愛くない
  • ブサイク
  • がヤバい
  • 演技が下手

 

もちろん、中には子役がかわいいという意見ももちろんありますよ。
今日は、連続テレビ小説「半分、青い。」の子役についてまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

半分、青い。の子役

連続テレビ小説「半分、青い。」では、放送序盤は子役たちが大活躍しています。
ヒロインの幼少期、そしてクラスメイト、幼馴染など、色々いますが、子役たちの活躍が目立ちますよね。

 

  • すずめ/矢崎由紗
  • りつ/高村佳偉人
  • なお/西澤愛菜
  • ブッチャー/大竹悠義
  • すずめの弟/志水透哉

半分、青い。高村佳偉人が律(りつ)幼少期役!佐藤健を子役が熱演!

半分、青い。志水透哉は幼少期のプロ子役?弟、草太(そうた)役!

 

連続テレビ小説「半分、青い。」の子役たちに対しての意見をまとめました。
意外にも低評価が多く驚いています。

 

かわいいという意見もあるのですが、それ以上に否定的な意見が多いのが現状。
子役ちゃんだけにかわいそうな感じもしますが、これに負けずに頑張ってほしいものです。

 

子役がかわいい

では最初は、連続テレビ小説「半分、青い。」の子役に対して、かわいいという意見をご紹介します。
今回、特にかわいいと私が思った子役は木田原菜生役の幼少期を演じている子役の西澤愛菜ちゃんです。

半分、青い。菜生なお幼少期は西澤愛菜(子役)過去作は何がある?

 

 

楡野鈴愛(矢崎由紗)と一緒にいると、感じる人は多いと思いますが、大人っぽい雰囲気を持っていますよね。

 

子役なのでもちろん子供なのですが、ちょっとした仕草なども大人っぽく、少しお姉さんの雰囲気。
かわいいと感じるのも、少し大人の顔立ちをしているからかもしれません。

 

 

また、ヒロインの子役も可愛いと言われている子役の1人。
矢崎由紗ちゃんですね。

半分、青い。矢崎由紗すずめ幼少期!子役の鈴愛可愛い!朝ドラ抜擢!

 

 

可愛くない

連続テレビ小説「半分、青い。」では可愛くないと言われている子役もいます。
全体的な印象として、可愛くないと感じている人も多いようです。

 

 

 

 

朝ドラのヒロインの幼少期って、だいぶおっちょこちょいな場合が多いですよね。
破天荒だったりと、普通の女の子とは少し違う印象。

 

だからこそ、わざとぶっ飛んでいる印象を持たせている可能性もありますよね。

 

スポンサーリンク

 

ブサイク

かわいそうなことに、ブサイクという意見もありました。
子役ですから、よっぽどな役ではないかぎり、かわいいという印象が強い子を選んでいると思います。

 

 

これも人それぞれの感じ方。
ブサイクでも大人になったらきれいに、かわいく、かっこよくなる可能性はありますので、成長も期待したいですね。

 

ただし、このブサイクという意見はそこまで多い意見ではありませんでした。

 

歯がヤバい

さて、歯がヤバいと言われている子役はブッチャー
ブッチャーこと、西園寺龍之介の幼少期役を演じている子役は大竹悠義くんです。

半分、青い。ブッチャー幼少期は大竹悠義!龍之介の子役でガキ大将!

 

前歯ですよね。
少し斜めの印象です。

 

 

 

歯が1本だけズレて生えているのでしょうか。
子供っぽくて、子役っぽくて、私は良いと思います。

 

歯もチャーミングな子役がいるっていうことが連続テレビ小説「半分、青い。」で発見できました。

 

子役の歯の生え変わり

また、子役で歯といえば、生え変わり
子役は子供のため、歯の入れ替わりの時期に撮影が重なることがあるのです。

 

 

 

今回、鈴愛(矢崎由紗)がまさにその時期だったようですね。
成長は止められませんし、撮影の順序によっては、歯が不自然に感じられる事もあるのです。

 

演技が下手

さて子役として致命的な意見が演技が下手ということです。
朝ドラの子役として選ばれたのですから、演技が下手ということはないと思います。

 

 

 

しかしなかなか難しい役どころの子たちもいますよね。

 

  • ガキ大将
  • 変わり者

 

それが朝ドラの子役。
演技に違和感があり、下手だと感じる人も多いのでしょう。

 

まとめ

連続テレビ小説「半分、青い。」に出演中の子役をご紹介しました。
さらに、子役に対しての意見をまとめました。

 

  • かわいい
  • 可愛くない
  • 下手
  • 歯が変
  • ブサイク

 

色々ありましたが、低評価な意見もあり驚きました。
子役たちは、これらの意見をバネに頑張ってほしいものです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 半分、青い。