正義のセ町田まりあ矢作穂香かわいい!未来穂香改名?かれんの娘!

   

ドラマ「正義のセ」に矢作穂香さんが出演します。
第2話のゲストです。

 

矢作穂香さんというと未来穂香さんと同一人物。
芸名を改名をされていまいた。

 

矢作穂香さんがドラマ「正義のセ」で演じる役は町田まりあ。
町田かれん(財前直見)の娘役となります。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ町田まりあ役は矢作穂香

ドラマ「正義のセ」の町田まりあ役がかわいいですよね。
演じているのは矢作穂香さんでした。

 

ドラマ「正義のセ」第2話のゲストとして、どんな存在になるのでしょうか。
第2話のあらすじを含めてご紹介します。

 

矢作穂香

矢作穂香さんは千葉県出身の女優さんです。
ファッションモデルとしても活躍中。
かわいいのにも納得です。

 

矢作穂香さんは未来穂香さんとして活動をしていました。
2016年6月までの芸名を改名され矢作穂香さんとなったのです。

 

  • 「イタズラなKiss~Love in TOKYO」相原(入江)琴子役
  • 「重要参考人探偵」(第4話)東ルナ役
  • 「正義のセ」(第2話)町田まりあ役

 

バレエやダンスが得意という矢作穂香さん。
立ち姿も美しいのは、これが理由でしょう。

 

1997年生まれということもあり、今後もますます活躍されることでしょう。
矢作穂香さんに注目です。

 

町田まりあ役

町田まりあ(矢作穂香)はこの2人の間に生まれた子供です。

 

  • 町田義之(大澄賢也)
  • 町田かれん(財前直見)

 

今回ドラマ「正義のセ」では町田義之(大澄賢也)が亡くなります。
暴力から身を守るために花瓶で殴ったというのが町田かれん(財前直見)。

正義のセ町田義之は大澄賢也!暴力夫だった?事件被害者!原因は?

 

殺意はなかったというのです。

 

 

町田まりあ(矢作穂香)はこの2人とは一緒に住んでいません。
さらに母親の町田かれん(財前直見)はどこにいるのか知らないといっているのです。

正義のセ財前直見が町田かれん!夫を花瓶で殴る?不倫?何があった?

 

町田まりあ(矢作穂香)はまだ19歳
この家族には一体どんな問題があったのでしょうか。

 

第2話の事件の真相が気になります。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ第2話あらすじ

ドラマ「正義のセ」第2話のあらすじをご紹介します。
2018年4月18日放送分となります。

 

ある日曜日、凜々子(吉高由里子)は優希(大野拓朗)と3ヵ月ぶりのデートをしていた。
しかし、徳永(塚地武雅)から「日直の仕事を変わってほしい」と連絡が。
凛々子はすぐ仕事に行かなければならなくなり、またしてもデートはお預けになってしまう。

そんな中、凜々子は梅宮支部長(寺脇康文)から初めて殺人事件を任され、「頑張ります!」と大張り切り。
相原(安田顕)は、張り切り過ぎると空回りする凜々子を心配して「常に冷静に落ち着いて」と釘を刺すのだった。

殺人事件の被疑者は、夫の義之(大澄賢也)を殴って死亡させた主婦・町田かれん(財前直見)。
「夫の暴力から身を守るためだった」と殺意を否認するかれんの話を聞き、思わず同情する凜々子だったが、相原は、かれんに疑いを抱く。
かれんには19歳になるまりあ(矢作穂香)という一人娘がいたが、娘がどこに住んでいるのか知らないと供述しており、「母親が、19歳の娘の居場所が分からないなんて」と、娘への態度に違和感を覚えるのだった。

その後、かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。
さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、殺意があった疑いが強まっていく。
凜々子は供述の矛盾をかれんに突き付け、自白に追い込もうとするが……。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「正義のセ」第2話に矢作穂香さんがゲスト出演します。
町田まりあ役として、町田かれん(財前直見)の娘役を演じるのです。

 

矢作穂香さんは未来穂香という芸名を改名された女優さん。
まだまだ若い女優さんのため、今後も楽しみな存在です。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 正義のセ