未解決の女、渡辺いっけい山本則夫役!泉水(中山美穂)夫で怪しい?

   

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」に渡辺いっけいさんが出演します。
第1話のゲストです。

 

渡辺いっけいさんが演じるのは山本則夫役。
10年前の被害者の夫となります。

 

スポンサーリンク

 

未解決の女で渡辺いっけいが山本則夫役

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」第1話に豪華ゲストが登場します。
その1人が渡辺いっけいさん。

 

今回起きる事件と10年前の事件はどこか繋がっているようですね。
その10年前の被害者の夫という役どころを渡辺いっけいさんは演じます。

 

山本則夫の行動が怪しいです。
犯人なのでしょうか。
ご注目ください。

 

渡辺いっけい

渡辺いっけいさんは愛知県出身の俳優さんです。
名バイプレーヤーと言っても過言ではないほど、素晴らしい演技力をお持ちですね。

 

  • 「京都地検の女」太田勇一役
  • 「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」富田恭一役
  • 「崖っぷちホテル!」時貞正雄役
  • 「未解決の女-警視庁文書捜査官-」(第1話)山本則夫役

 

現在放送中のドラマ「崖っぷちホテル」でも個性豊かな演技を見せてくれていますよね。
そんな演技派俳優、渡辺いっけいさんに注目です。

 

山本則夫役

山本則夫(渡辺いっけい)は嶋野泉水(中山美穂)の
嶋野泉水(中山美穂)は10年前に何者かに殺害されて亡くなっています。

未解決の女に中山美穂!嶋野泉水はミステリー女王作家、事件被害者!

 

今回、嶋野泉水(中山美穂)が亡くなった事件の再捜査が行われることになります。
しかし山本則夫(渡辺いっけい)は非協力的

 

一体なぜなんでしょうか。

 

嶋野泉水(中山美穂)が亡くなった事件直後は、山本則夫(渡辺いっけい)が犯人ではないかという記事もでました。
疑われていた時期もあった人物だったのです。

 

スポンサーリンク

 

未解決の女1話あらすじ

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」第1話のあらすじです。
2018年4月19日放送分となります。

 

無鉄砲な熱血捜査で負傷した警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。
異動先は薄暗い地下にある窓際部署――「特命捜査対策室」第6係。
未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった!

朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らとともに、新部署で働き始めることに。
だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。

そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。
その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。
その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。
先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のサイン入り自著があったというのだ。
実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡!
密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた――。

事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。
朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」第1話に渡辺いっけいさんが出演します。
演じる役は山本則夫で嶋野泉水(中山美穂)の夫です。

 

再捜査に非協力的な態度というのが気になりますね。
一体どんな心境なのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 未解決の女-警視庁文書捜査官-