未解決の女、新海雄二は半海一晃!編集長は泉水と不倫関係だった?

   

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」第1話に半海一晃さんがゲストで出演します。
半海一晃さんは新海雄二役を演じるのです。

 

10年前に発生した未解決事件の被害者とは、何やら深い仲にあった人物。
事件の関係者なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

未解決の女、新海雄二役は半海一晃

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」第1話に半海一晃さんが出演します。
第1話のゲストです。

 

半海一晃さんが演じる役は、10年前に発生し、未だ未解決のままとなっている事件に関係してそうなのです。
新海雄二役という人物について見ていきましょう。

 

半海一晃

半海一晃さんは宮城県出身の俳優さんです。
金田明夫さんと親交がある人物なのです。

 

  • 教頭
  • 課長

 

そんな役柄を多く演じる半海一晃さん。
そのためか、中間管理職俳優とまで言われているんですよ。

 

ドラ男
おもしろい!

 

これまでにも多くの作品に出演されてきた半海一晃さん。
ミステリーやサスペンスドラマでも多く見かけますよね。

 

そんな半海一晃さんがドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」の第1話ゲスト。
新海雄二役として、どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

 

新海雄二役

新海雄二(半海一晃)は嶋野泉水(中山美穂)の元担当編集者です。
10年前に嶋野泉水(中山美穂)は何者かに殺害され亡くなっています。

未解決の女に中山美穂!嶋野泉水はミステリー女王作家、事件被害者!

 

新海雄二(半海一晃)は7年前に独立。
起業をしていました。

 

嶋野泉水(中山美穂)と新海雄二(半海一晃)は、編集者としての関係だけではなかったという噂もあるのです。
編集者以上の関係、いわゆる不倫関係にあったのでしょうか。

未解決の女、渡辺いっけい山本則夫役!泉水(中山美穂)夫で怪しい?

 

嶋野泉水(中山美穂)が亡くなった事件に、新海雄二(半海一晃)は何か関わっているのかも注目です。

 

スポンサーリンク

 

未解決の女1話あらすじ

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」第1話のあらすじです。
2018年4月19日放送分となります。

 

無鉄砲な熱血捜査で負傷した警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。
異動先は薄暗い地下にある窓際部署――「特命捜査対策室」第6係。
未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった!

朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らとともに、新部署で働き始めることに。
だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。

そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。
その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。
その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。
先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のサイン入り自著があったというのだ。
実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡!
密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた――。

事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。
朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「未解決の女-警視庁文書捜査官-」に半海一晃さんがゲスト出演します。
第1話に新海雄二役として登場。

 

10年前に発生した未解決事件と新海雄二(半海一晃)との関係が気になります。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 未解決の女-警視庁文書捜査官-