特捜9森田亜紀子は冨樫真!被害者は建築家!コンペ参加中だった!

   

ドラマ「特捜9」第3話のゲストで冨樫真さんが出演します。
冨樫真さんは事件の被害者となってしまう役、森田亜紀子です。

 

森田亜紀子はなぜ被害者となってしまったのでしょうか。
事件の真相に迫ります。

 

スポンサーリンク

 

特捜9冨樫真は森田亜紀子役

ドラマ「特捜9」に冨樫真さんが出演です。
第3話のゲストとなります。

 

ドラマ「特捜9」第3話の被害者となるのが冨樫真さん演じる森田亜紀子役。
森田亜紀子(冨樫真)が参加していたコンペで何があるのでしょうか。

 

冨樫真

冨樫真さんは宮城県出身の女優さんです。
舞台や映画、ドラマやCMなどで活躍されています。

 

  • 「科捜研の女」川村ゆず役
  • 「執事 西園寺の名推理」山名裕美役
  • 「特捜9」(第3話)森田亜紀子役

 

ゲスト出演が多い冨樫真さん。
今回はどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

森田亜紀子役

森田亜紀子(冨樫真)はドラマ「特捜9」第3話の被害者となる人物です。
自然と共生する設計が人気の建築家でした。

 

森田亜紀子(冨樫真)は仕事部屋で刺殺体となって発見されました。
第1発見者となったのが、森田亜紀子(冨樫真)のアシスタント北原里香(長尾純子)でした。

 

森田亜紀子(冨樫真)は町の設計コンペに参加していました。
しかしその設計模型は何者かによって破壊されていました。

 

しかしそのコンペはデキレースだったことが判明。
なぜ森田亜紀子(冨樫真)は被害者にならなければならなかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

特捜9第3話あらすじ

ドラマ「特捜9」第3話のあらすじをご紹介します。
2018年4月25日放送分です。

 

自然と共生する設計で人気の建築家・森田亜紀子(冨樫真)の刺殺体が仕事部屋で発見された。
第一発見者でアシスタントの北原里香(長尾純子)によると、亜紀子はとある町の設計コンペに参加しており、その設計模型が、何者かによって破壊されていた。
コンペには近未来的なデザインで有名な建築家・大屋源治(下條アトム)も参加していた事が判明する。

青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)はその建築家・大屋の自宅へ。
志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、コンペを持ちかけた不動産会社の担当・中岡孝(中野剛)、江波太門(伊嵜充則)の元へ聞き込みに向かう。

一方の直樹(井ノ原快彦)は、真澄(原沙知絵)から、被害者は傷口の形状から工作用のカッターナイフで刺された可能性が高いと聞く。

そんな中、大屋の靴が現場に残された足跡と一致!
直樹らは住居侵入の容疑で大屋家の家宅捜索を行う。
その様子を心配そうに見守る大屋の妻・千鶴(洞口依子)の動きが不審である事に新藤(山田裕貴)が気付き、単独で尾行を開始するが、そこで意外な事実が判明し―。

更に、今回のコンペはデキレースだったという話しを聞いた志保らは、関係者を洗い直し、新たな事実に辿り着くが…。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「特捜9」第3話に冨樫真さんがゲスト出演します。
しかし演じる森田亜紀子役は被害者とあり刺殺体となって発見されるのです。

 

コンペに隠された秘密とは、一体なんなのでしょう。
事件の真実が気になります。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 特捜9