家政夫のミタゾノ矢吹研一は近藤公園!浮気がバレる!ハメられた?

   

ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2話に近藤公園さんがゲスト出演します。
近藤公園さんが演じるのは矢吹研一

 

知らぬ間に女性を自宅に連れ込み浮気をしていたようです。
矢吹研一(近藤公園)が三田園薫(松岡昌宏)に頼んだのは、証拠を消し去ることでした。

 

しかし思わぬ展開と結末が待っているのです。
まさか矢吹研一(近藤公園)はハメられていたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

家政夫のミタゾノ近藤公園は矢吹研一役

ドラマ「家政夫のミタゾノ」に近藤公園さんが出演します。
第2話にゲスト出演されるのです。

 

演じるのは矢吹研一役。
矢吹理沙子(矢田亜希子)のという立場を演じます。

 

近藤公園

近藤公園さんは愛知県出身の俳優さんです。
大人計画に所属しています。

 

近藤公園さんの出演作品を見ていると、個性的な役柄を演じ切られてきました。
スクリーンデビューしたのは2001年の「ウォーターボーイズ」でした。

 

  • 「のだめカンタービレ」玉木圭司役
  • 「A LIFE~愛しき人~」森本達也役
  • 「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」谷上和裕役
  • 「家政夫のミタゾノ」(第2話)矢吹研一役
  • 「いだてん~東京オリムピック噺~」中沢臨川役

 

ミステリードラマ作品では、ゲスト出演もされている近藤公園さん。
ドラマ「家政夫のミタゾノ」ではどんな演技を見せてくれるのでしょう。

 

個性派俳優、近藤公園さんからも目が離せません。

 

矢吹研一役

矢吹研一(近藤公園)は矢吹理沙子(矢田亜希子)の夫です。
妻の矢吹理沙子(矢田亜希子)とは夫婦喧嘩。

家政夫のミタゾノ矢田亜希子は矢吹理沙子!夫が不倫!妻の陰謀離婚?

 

矢吹理沙子(矢田亜希子)がいない間に、自宅に女性を連れ込んだ疑惑がもたれている人物です。

 

連れ込んだとされている女性がルミ(片山萌美)。
バーで友人の吉村(迫田孝也)と飲んでいた時に出会った女性でした。

家政夫のミタゾノ片山萌美ルミ役!研一と不倫関係?バーで何が?

家政夫のミタゾノ迫田孝也が吉村!研一の友人で弁護士!バーで何が?

 

  • Yシャツに口紅
  • 部屋の香水の香り

 

そんな浮気と繋がるような証拠を三田園薫(松岡昌宏)に消すように頼む矢吹研一(近藤公園)。

 

完璧に証拠がないにもかかわらず矢吹理沙子(矢田亜希子)は矢吹研一(近藤公園)の浮気を疑ったのです。

 

矢吹理沙子(矢田亜希子)は高額の慰謝料で離婚を企んでいる疑惑も浮上。
矢吹研一(近藤公園)は誰かにハメられたのでしょうか。

 

もしそうであれば矢吹理沙子(矢田亜希子)のグルが誰なのかも気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

家政夫のミタゾノ2話あらすじ

ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2話のあらすじをです。
2018年4月27日放送分となります。

 

「今度は普通の家庭に」と頼子(余貴美子)に頼んだ麻琴(剛力彩芽)。
三田園(松岡昌宏)とともに派遣先・矢吹家を訪れると、そこで家主の矢吹研一(近藤公園)がルミ(片山萌美)という女性を連れ込んでいるという状況に遭遇する。

実家に帰っている妻の理沙子(矢田亜希子)が依頼した家政婦たちの登場に驚きつつ、ルミとのことは酔った上での過ちで、昨夜のことは覚えていないと弁明する研一。
妻の不在をいいことに不倫をした挙げ句、言い訳がましい研一に麻琴は怒り心頭!
しかし「このことは妻には黙っていてほしい」「料金も上乗せするからルミがいた痕跡を消し去ってくれ」と懇願する研一の願いを三田園はあっさり聞き入れてしまい、麻琴をさらに呆れさせる!

三田園はYシャツについた口紅、そして部屋に漂う香水の匂いを消し去る”不倫を隠す家事テク”を披露!
しかし帰宅した理沙子は“女の勘”を働かせ、研一の行動を怪しむような素振りを見せる…。

浮気がバレたのではないかとヒヤヒヤしながら研一が仕事に出かけていった後、三田園は理沙子の部屋を物色。
すると引き出しから探偵事務所に依頼した浮気調査の結果などが見つかる。
理沙子は研一に浮気の証拠を突きつけ、慰謝料をたっぷり得て離婚しようとしているのではないかという疑惑が浮上し…!?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「家政夫のミタゾノ」で第2話に近藤公園さんが出演しています。
近藤公園さんがゲストとして矢吹研一役を演じます。

 

矢吹研一(近藤公園)は浮気をしたのか、してないのか。
はたまた誰かにハメられたのか。

 

第2話はどんな展開が待っているのか楽しみですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 家政夫のミタゾノ