コンフィデンスマンJP伊吹吾郎、映画撮影中の有名俳優、本人役!

   

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話に伊吹吾郎さんが出演します。
伊吹吾郎さんは、なんと今回本人役での出演です。

 

第4話のメインゲストは佐野史郎さん。
ある設定がきっかけで、サブゲストの伊吹吾郎さんが出演することになったのです。

 

スポンサーリンク

 

コンフィデンスマンJP伊吹吾郎が本人役

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話に伊吹吾郎さんが出演します。
伊吹吾郎さんというと名俳優。

 

今回は伊吹吾郎さんが本人役として登場します。
俳優役ということですよね。
スター伊吹吾郎さんの登場が楽しみです。

 

伊吹吾郎

伊吹吾郎さんは北海道出身の俳優さんです。
俳優の他では司会者として活躍されています。

 

伊吹吾郎さんというと東映作品の常連俳優さん。
みなさんはどんな役を思い浮かべますか?

 

また、代表作の1つとしては「水戸黄門」の渥美格之進役ですよね。
なんと17年間も同じ役でレギュラー出演していたのです。

 

伊吹吾郎さんの趣味はフラメンコギター演奏。
想像するだけでも似合っていますよね。

 

  • 「リーガル・ハイ」(第7話)徳松醤油従業員役
  • 「軍師官兵衛」北条氏政役
  • 「やすらぎの郷」原田役
  • 「コンフィデンスマンJP」(第4話)伊吹吾郎(本人)役

 

極度の汗っかきという伊吹吾郎さん。
ドラマの中では、どう汗と戦っているのかも気になりますね。

 

伊吹吾郎(本人)役

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話で、伊吹吾郎さんは伊吹吾郎役を演じます。
いわゆる本人役ですね。

 

今回、ダー子(長澤まさみ)は中国の国民的女優マギー・リンに扮します。

 

そこで登場するのが伊吹吾郎さん。

 

映画の撮影所で本物の映画を撮影中の伊吹吾郎さん。
有名俳優である伊吹吾郎を本人役を演じることになっています。

 

有名俳優=スター
伊吹吾郎さんのスター性が現れる作品となりそうですね。

 

輝きを増す伊吹吾郎さん。
オーラを放つ姿にもご注目ください。

 

スポンサーリンク

 

コンフィデンスマンJP4話あらすじ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話のあらすじをご紹介します。
2018年4月30日放送分となります。

 

ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。
看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。
しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。
俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。
ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。
ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さず……。

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話に伊吹吾郎さんが出演します。
有名俳優の役で、伊吹吾郎さんは本人役を演じます。

 

今回ドラマ「コンフィデンスマン」第4話のメインゲストである佐野史郎さん。
佐野史郎さんが演じる俵屋勤役は映画マニアという一面もあります。

コンフィデンスマンJP佐野史郎は俵屋勤!加工食品会社社長は悪人?

 

そのためダー子(長澤まさみ)も女優に扮するのです。
そこで映画撮影中のスターを演じるのが伊吹吾郎さんなのです。

 

名俳優の名演技を、ぜひお楽しみください。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, コンフィデンスマンJP