正義のセ佐藤めぐみ三宅香織役!転落死事件の被害者で不倫?助手!

      2018/05/08

ドラマ「正義のセ」に佐藤めぐみさんが出演します。
佐藤めぐみさんが第5話へゲスト出演されることになりました。

 

しかし残念な事に事件被害者で亡くなってしまいます。
三宅香織(佐藤めぐみ)の身に何が起こったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ佐藤めぐみが三宅香織役

ドラま「正義のセ」第5話に佐藤めぐみさんが出演します。
佐藤めぐみさんが演じるのは三宅香織役です。

 

第5話では転落死事件が発生。
その被害者となり亡くなってしまうのが三宅香織(佐藤めぐみ)です。

 

佐藤めぐみ

佐藤めぐみさんは東京都出身の女優さんです。
スターダストプロモーションに所属しています。

 

中学生の時にスカウトされた佐藤めぐみさん。
演技レッスンを受け、女優デビューとなりました。

 

  • 「3年B組金八先生」赤嶺繭子役
  • 「花より男子」三条桜子役
  • 「タイヨウのうた」松前美咲役
  • 「フランケンシュタインの恋」(第6話)幼稚園児のおかあさん役
  • 「貴族探偵」(第10話・最終話)国見奈和役
  • 「正義のセ」(第5話)三宅香織役

 

話題となるドラマ作品などにも出演していた佐藤めぐみさん。
ドラマ「正義のセ」でもインパクトのある演技を見せてくれることでしょう。

 

三宅香織役

三宅香織(佐藤めぐみ)は神奈川医大に勤める女性職員。
臨床病理学教授、高嶋敦史(原田龍二)の助手です。

正義のセ原田龍二が高嶋敦史!殺人容疑で逮捕?温泉俳優のシーンも!

 

ドラマ「正義のセ」第5話は転落死事件が発生します。
その被害者が三宅香織(佐藤めぐみ)なのです。

 

転落死事件といってもただの転落ではなさそう。
事件性も考えられているのでした。

 

被疑者となり疑われたのが高嶋敦史(原田龍二)。
2人は不倫関係にあったと言います。

 

亡くなった三宅香織(佐藤めぐみ)の爪の間からは高嶋敦史(原田龍二)のDNDが検出。
しかし高嶋敦史(原田龍二)は容疑を否認し、アリバイまで主張しています。

 

三宅香織(佐藤めぐみ)が亡くなった事件の真相はなんなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ5話あらすじ

ドラマ「正義のセ」第5話のあらすじをご紹介します。
2018年5月9日放送分です。

 

凜々子(吉高由里子)の妹・温子(広瀬アリス)が、恋人の後藤公一(渡部秀)を竹村家に連れてきた。
温子は、後藤と結婚して竹村豆腐店を継ぐ気だという。
だが、父・浩市(生瀬勝久)は突然のことに驚いて猛反対し、竹村家は大混乱!
さらに、凜々子は、4年つき合った恋人と別れたことを家族に告白するハメになってしまう…。

神奈川医大で女性職員の転落死事件が発生する。
単なる転落ではなく、事件性が考えられることから、凜々子は相原(安田顕)とともに事件現場へ向かう。
大きな仕事にまたしても気合いを入れる凜々子だったが…。

被害者は、臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手を務める三宅香織(佐藤めぐみ)。
二人が不倫関係にあったことが発覚し、さらに香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたことから、高嶋が殺人容疑で逮捕される。
しかし高嶋は容疑を否認。
香織の死亡推定時刻には、「取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいた」というアリバイを主張し、茂木も同じ証言をする。

凜々子の捜査が難航する中、事件に関する新事実が発覚。
凜々子は、支部長の梅宮(寺脇康文)から、大塚(三浦翔平)との共同捜査を命じられる。
だが、強引に捜査の方針を決めていく大塚のペースに振り回され、捜査チームは前途多難な雰囲気に…。

果たして凜々子は、高嶋のアリバイを崩し、複雑に絡み合う事件を解決に導くことができるのか!?

出典:公式HP

 

まとめ

ドラマ「正義のセ」に第5話のゲストとして佐藤めぐみさんが出演します。
三宅香織役での出演です。

 

三宅香織(佐藤めぐみ)は事件の被害者。
転落死事件で、何があったのでしょうか。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2018年, 2018年4月期, 正義のセ